生ゴミから堆肥を作ります

ずいぶん涼しくなってきたので、そろそろ生ゴミ堆肥作りを再開です。  

暖かいうちはどうしても腐敗が早くなり、強烈な臭いと虫が嫌で生ゴミ処理を休んでいますが、涼しくなると腐敗しにくく臭いもずいぶんマシになるので、そろそろ復活です。    ススホホ流の生ゴミ堆肥の作り方を紹介します。 
 
1次発酵の道具と材料

密封容器と中蓋  生ゴミをここに貯めます。  いわゆる一次発酵させる場所です。  生ゴミの一次処理の専用容器も売っていますが、容器は2つ以上欲しいので小さく安価な漬物用タッパー(6L)を使っています。 
米糠   発酵資材として使ってます。  虫が寄るので密封容器に入れておきます。 
畑の土  余分な水分と、臭いを吸着してくれます。  軽く乾燥させて持ち帰ります。

DSC_0521.jpg

1次集積(発酵)手順 
1.毎日、新鮮なうちに生ゴミの水気を十分に切り、密封容器に入れていきます。 
2.容器の中で、生ゴミの量に応じて糠を上から振り掛けて生ゴミとぬかを和えます。
3.中蓋を乗せ体重を掛けて生ゴミの隙間の空気を抜いてから蓋をします。
4.容器が満タンになったら、しばらく寝かせたあと2次発酵に。

 堆肥に向かないものは取り除きます。  お茶パックの袋などは化学繊維で出来ていて分解されません。   中身の茶殻は消臭効果も期待できるので、しっかり絞りパックを破って投入します。   その他ほぼ何でも入れていきますが、腐った物は入れません。   鳥の骨は分解に時間が掛かりますが、構わず入れています。  貝殻は全く分解されないようで、畑の土にそのままの形で出てくるときがあります。 

 EM等の発酵資材は使いません。  その代わりに米糠です。  安く手に入るのでたっぷり使えます。  三角コーナー一杯のゴミに対してカレースプーン4~5杯くらいを、全体にまぶし軽く混ぜます。 写真は割愛しますが、まさに和え物を作る感じです。 

 密封容器ではどうしても下に水分が貯まるので、最初に土をスプーン4~5杯入れておきます。 水分が多いゴミの投入時にも土を使います。  土を入れることで格段に臭いが抑えられます。 大量に投入すれば、臭いがなくなるでしょう。  ただ1次発酵と呼べるのかが疑問で使用量は最小限にしています。   試しに落ち葉を底に入れて見たこともありましたが、あまり水分を吸ってくれません。   堆肥化した腐葉土ならよいかもしれません。

 この1次発酵は、嫌気性雰囲気下での乳酸発酵です。  乳酸菌を増殖させ腐敗菌の勢力拡大を抑えます。  なので中蓋で生ゴミを圧縮し空気を押し出しておきます。   生ゴミのぬか漬けを作っているようなものです。  うまく出来れば腐敗臭は全く無いですが、ぬか漬けの臭いがします。  子供達にとってはどちらも臭いようです。

 容器が満タンになったら、1週間程度寝かせてから2次発酵に移ります。   寝かせている間にも日々生ゴミが出るので、容器を2つ使います。   寝かせる期間は1週間くらいを目安にしていますが、次の容器に貯まっていく速さと、畑に行くタイミングで前後し、適当です。    2週間くらいまでならOKでしょう。


2次発酵の道具と材料

堆肥箱  作り方はここ。   小さめの60x60cmサイズ。 30cm高さの枠の1~2段積みです。   土に埋める方法もありますが、折角の肥料分を有効に使いたいので一箇所に貯めています。  虫が寄ってくるので、普段はブルーシートを掛けて周囲を縄で縛っています。 
資材(中身) 籾殻5 : 土1 : 落ち葉1 くらいでしょうか。  乾燥気味に保っておき、1次発酵済みのゴミを投入したとき、水分を吸えるようにしておきます。  

DSC_0504.jpg

2次発酵手順
1.堆肥箱内の中身に穴を掘り、1次発酵させた生ゴミを投入します。
2.投入したゴミと資材を軽く混ぜます。
3.上から資材を被せ、堆肥箱にも蓋をします。
4. 次回の投入時は前回の位置とずらします。
5. その時、前回投入箇所も切り返して、新鮮な空気を送り込んでおきます。
6. 水分が過剰になれば、天候を見て蓋を開け放ち乾燥を促します。  


 生ゴミを窒素成分と水分に見立てた籾殻堆肥つくりの様な感じです。 ポイントは、投入する際に生ゴミと資材を軽く混ぜ、水分を堆肥化に適した60%程度に落とす事。   籾殻の隙間の空気を利用して好気発酵させる事が狙いです。  うまく運用すれば、次回投入時には発酵熱で資材が暖かくなっており、前回投入したゴミの原型がかなり薄らいでいます。 

 何度か投入するうちに、温度が上がらなくなってきます。  その時は一度投入を止めて生ゴミの原型が十分薄らいでから、資材全体の切り返し作業を行います。   投入時の攪拌だけでは、どうしても底や隅まで混ぜ合わせることが出来ないので。 

 蓋をしていても、どこからか虫が入ります。  分解の進んでいない生ゴミが表面に出てこないようにしたいので、6Lの一次発酵容器だと、この箱の大きさが必要になります。


 うまくできると、臭いも虫も気にならない程度に抑えることができます。  また、生ゴミ処理をしている期間は、1週間で出る燃えるゴミが5L袋1枚に収まり、家族からも喜ばれます。     ススホホ。   





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

にゅーす
しばらく、畑を休まなければならず、最近更新ができていません。

メンテは続けるつもりです。

留守中のブログ、今日は何にしようかもよろしく。
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア