小豆の収穫状況

今日は雨です。 畑作業はしていません。

9月30日に初収穫しはじめ、ちょくちょく作業している小豆の収穫・調製作業状況を記録をしておきます。  

小豆は花が咲いた順に登熟していくので、熟した鞘を見つけては収穫していきます。
鞘ごともぎ取り、後の調製のためにさらに乾かしておきます。  

よく乾いた鞘を両手で鷲掴みにして、揉みしだきます。
DSC_0469.jpg
10月18日撮影

素手ですると痛いので手袋をしてください。 麻袋などに入れて上から木槌で叩くなどしても良いようです。  

要は乾いた鞘をバラバラにして鞘から実を取り出します。   全ての鞘をバラバラにするのは、結構根気が要る作業です。   よく乾いているほど作業が楽で、よく乾いていないと鞘が2つに綺麗に分かれず実が残ってしまいます。

取り出された実
DSC_0473.jpg

箕で軽く煽って大きなゴミを飛ばしました。    
ちなにみにこのザルは100均で購入しました。 1つ1つ異なる大きさで、重ねて保存できます。 もちろん1つ100円+消費税です。 540円也。 


風選別せずに、いきなり水洗いしました。
DSC_0478.jpg

メイガに食害され穴の開いた豆が浮いてきたので、捨てました。   写真は捨てた後です。
メイガの糞と小さいゴミでかなり水が汚れます。  食害されなかったらもっと綺麗でしょう。

食害された豆
DSC_0482.jpg

左は浮きましたが、右は沈んでいました。   浮き沈みだけでは、完全に選別できないようです。


後は、 天日乾燥させ完了。
と言いたい所ですが、先の食害されたが浮いてこなかった豆を手で選別しました。
白い中身が見える豆、食害されて黒く変色した豆を排除しました。

排除した豆
DSC_0487.jpg

残った豆
DSC_0488.jpg

このザルすでに壊れ始めています(右端)。   100均のザルはデリケートで、決して水を切る際に上下に振ってはいけないようです。  残念。

畑にある未登熟の鞘が全部収穫できれば、この倍は採れるでしょう。  今の時点で約1.2kgで約1升ありました。   ススホホ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

にゅーす
復活です。

ただ、この冬の栽培は限定的。

プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------