スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

** イチゴの定植 - 菜園12ヶ月

一般的には10月中頃がイチゴの定植の適期だそうですが、暑さが落ちづきだした9月中頃から定植は可能です。  以前盆明けに定植したらさすがに半数が枯れてしまいましたが、それでも残る半数は元気に育ったので活着出来るかどうかだけが大事な事のようです。   

イチゴの根は濃い肥料を嫌うので、2週間前までに元肥を入れて畝を作っておきます。  また根は放射上にそれぞれが真っ直ぐ地中深くに伸びていく様なので、深めに耕し全層に元肥が行き渡るように心がけます。   果菜ということでヨウリンも気持ち元肥に加えます。    

イチゴは乾燥に弱いので畝は低めが良いのですが、周りの土が押し寄せて株元が埋まってしまう事を嫌い、ススホホの畑は基本的に畝を作らないのですが5cm程度の畝を作っています。 

栽培方法を調べると必ずと言っていいほど、「実の成る向きを揃えるためにランナーの向きを揃えて植え付ける」 と書かれています。 が、ススホホはいつも無計画にランナーを切り離してしまうので、どちらが親株でどちらが子株側のランナーかが分からなくなっています。 だけども収穫に困った経験もなく、最近では全く向きには無頓着です。 

後は12月頃に株元から少し離して最初の追肥をします。  また同時に敷き藁などで霜対策ができれば完璧です。
霜対策にとマルチをしたくなりますが、マルチが風で煽られると小さな苗だと葉がマルチの下に隠れてしまうので、大きく成り出す3月までは不要です。  マルチをする際に裾を埋める為の溝を掘りますが、そこに2回目の追肥を行います。



関連記事
にゅーす
しばらく、畑を休まなければならず、最近更新ができてません。

メンテは続けるつもりです。

留守中のブログ 今日は何にしようかもよろしく。
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。