耕運機が跳ねる原因は、爪の配列が正しくなかった。


昨日の続き。


中古で仕入れた耕運機が跳ねてうまく耕せない原因が

爪の形が悪い
爪の取り付け方が間違っている

と仮定し、今日、後者を試してみました。

昨日の記事のリンク



耕運機爪 こまめ
昨日のブログに乗せた写真。

昨日、ブログを書いていて気づいたのは、写真にある外側4本の爪の向きが正しくない事。
で、実際に正しく付け直す際に新たに気付いたのは、内側の爪の2本の向きも正しくない事。


耕運機の爪配置

図に書いてみると、こんな感じ。

ローターが時計回りに回転するとして画いた略図です。

赤で画かれた爪が逆方向についている。 

つまり、外側のローターは4本全部の向きが逆で、
内側のローターは4本中2本が逆向き。

めちゃくちゃやん。


で、きちんと直して試運転。


耕運機 爪の配置を正しく戻し快調


一発で快調になりました!
ほとんど跳ねずにズブズブ土に埋まっていきます。

昨日立てた仮説①は未対策だったので、そんなに期待してなかったんですが、
必要十分です。

つまり、
耕運機が跳ねるのは、爪の配置が悪いことが原因

でした。  




ちなみに、爪の配置は以下のHCの耕運機を参考にしました。

耕運機爪配置 F220
HCで撮影した コマメF220の爪配置 (手前が耕運機進行方向)


一列当たり4本の爪が付いたローターが左右2つづつ。 
これは私のF210も同じだし、ほとんどの車軸式耕耘機はこれと同様だと思う。


同時に刺さるよりタイミングをずらした方が1点に全重量が掛かるので良いと思ったので、
これの配列でうまくいかなかったら別のを試してみようかと思ってました。
(実際には、取り付け位置は90度毎なので、タイミングをずらすのは不可能と後で気づく)

が、内側・外側とも左右のローターの爪を対称になっているこの配置は、
  左右の爪が同時に刺さるので、左右にシーソーしない(ロール)
  爪の向きが対称なので、左右にブレない(ヨー)
と、考えると最適なのでしょう。  実際採用されてるし。




一時は爪交換を覚悟してたけども、出費なしで解決できて助かった。
ってか、なんでこの状態でオークション出品されてたんだ? ひっかけ問題か?



ずぶずぶ耕耘できるようになりハッピーですが、また別の問題が発生。。。
その件はまた別の機会に。





ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 


耕耘機(管理機)のおすすめランキングサイトです。

header_kouunki_com.png

当サイトも紹介されてます。 探してみてください。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

菜園カテゴリ
リンク
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

 

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------


-------------------------------