耕運機のリコイルスターターの紐交換

畑を始めた7~8年前、ヤフオクで2万円台で落札した10年落ち以上の中古耕運機。   相変わらず騙しだまし使っていますが、今回はスターターの紐が切れた(切れかけた)ので交換しました。  2回目です。


耕運機 スターターの紐

久しぶりに耕運機を使おうと、スターターの紐を引っ張る事数回、全然エンジンがかかりません。  
コツを掴んだつもりのチョークの加減とスロットルの加減を調整しならが何度かやってると、スターターの紐が戻らなくなってしまいました。   よく見ると紐は芯だけで繋がっている状態。  周囲の編み込みがめくりあがり、こぶ状になってました。

除草の為に、空き区画と通路を軽く耕す事が目的だったので、今日必ず。。ってわけでもありませんでしたが、道具箱に前回購入した量り売りの紐の残りがあったので、面倒でしたがその場で直してしまいました。  萎える。 


耕運機 リコイルスターター構造

リコイルスターター、ネジ3本で分解できます。  草刈機だと、下手するとリコイル用のゼンマイがばらけて手間取りったりしますが、こいつは何の問題もありませんでした。  

中央の円柱から外周に向けて爪が出ているの、わかるでしょうか?  紐を引っ張ると爪が出て、ゼンマイで戻されると引っ込みます。  この爪が次の写真のクランク軸の部品に引っかかったり、戻ったりと、ワンウェイクラッチになってます。

耕運機 リコイルスターター構造

クランクシャフト側の部品です。   特にコメントなし。



耕運機 リコイルスターター紐交換

新しい紐に交換しました。  問題は、この紐はHCにあった、汎用の紐。  もともとのサイズより若干太い様で、穴に通すのも大変なのですが、リコイルのプーリーに巻き付けると、3周目ですでに外枠と干渉し、仕舞いが悪くなってしまう事。   掃除機のコードが最後まで巻き取ってくれないあの感じ です。


交換完了
完成!  
分解した状態で、プーリーを手で回すと巻き取れるのですが、巻き終わりの弱いばね力ではこれだけ巻ききれません。 だったら、紐をもっと短くすればいいのにね。

この紐は、耕運機の爪に巻き取られないように、工夫(騙し騙し)して使ってます。

ちなみに、なかなかエンジンが掛からなかったのは、燃料が無かったから。  あるように見えたんですが。。。  給油後、一発で掛かりました。




「紐交換」ってHowTo の様な記事ですが、具体的な説明を全てすっ飛ばしてしまいました。
が、1つ言えるのは「構造はシンプルなので何とかなりますよ。 でも紐は丈夫で細い物を。」 !

   


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

にゅーす
しばらく、畑を休まなければならず、最近更新ができてません。

メンテは続けるつもりです。

留守中のブログ 今日は何にしようかもよろしく。
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------