育苗器のバージョンアップ2-4

今年バージョンアップした手作り育苗器、セットアップと実働性能レポートです。

  2015 手作り育苗器のバージョンアップ
  2016 手作り育苗器のバージョンアップ2-1
  2016 手作り育苗器のバージョンアップ2-2
  2016 手作り育苗器のバージョンアップ2-3


ヒータータイマーヒータータイマー
播種から発芽までは育苗器下段のみを毛布で包んで使います。
この状態だと、最小ヒーター(10W)たけで30℃以上になります。 

屋外での育苗時、朝晩ON/OFFするだけの予定だったタイマー、
15分毎にON/OFF可能なので、小まめに切り替えれば微妙な温度調節ができると分かり、予想以上に活躍しました。

地温の変化は緩慢なので、15分毎の切り替えでもそんなにハンチングしません。

温度を見ながらヒーターコンセントを抜き差ししてたのが、まかせっきりに出来る様になりました。


換気用ファンの交換
パソコン電源用ファン パソコン電源用ファン
前回、換気能力の不足を感じたファン、廃棄予定のPCの電源に使われているファンと交換しました。 電圧が同じ12V駆動で、消費電力がも元のファン付属のACアダプターの容量以下だったので、付け替えました。   送風量が明らかに増えました。


換気孔とサーモスタットサーモスタット(センサー)取り付け
排気穴の温室側に、排気ファン用のサーモスタットの温度感知部を取り付けました。  

排気穴もファンが大きくなったのに合わせてヤスリで削って拡大したので、前より少し綺麗になりました。







使用時の様子 (晴天日)
暖かく日差しの強かった先日の日曜日は、昼間はほぼファンが回りっぱなし。 

太陽の日射は1平方m当たり約1kwのエネルギーだそうです。 
育苗器が約0.25平米だとすると250Wのヒーターを焚いているのと同じ事。  
少々換気では追い付かない様です。    

でも、排気される空気の温度はおおむね35℃未満でした。  
危険温度領域ですが、真夏の事を考えると許容範囲?   かな。
去年と違って、焼き上がる事はないみたいなので。


使用時の様子 (冬日)
暖かい日曜日から一転、月曜日は急激に冷え込み昼間でも5℃程度、帰宅時(20時)の気温は0℃しかも降雪。 
 
午前中は晴れ間がある予想だったので、ヒーター切にしてましたが、実際にはほぼ曇り。 日射による温度上昇も期待できないまま、ヒーターも無し。  夜8時の時点で育苗器内の地温は10℃。   おそらく室温は更に2~5度低かったでしょう。
一刻も早く温度を確保するために、苗の状態を確認しないまま毛布で覆ってヒーターON。  最高・最低気温が何度だったかも、記録しないままでした。   
 (翌日見ると、苗はケロッとしてましたが、低温に当てると花付きが悪くなるとかどうとか。。。)



ヒーターのワット数は太陽の日射に比べても小さいんで、常時ONでもいいかもしれません。
一番の課題は、もっと換気能力を上げる事ですね。  3月になるとさらに日射が。。。。
もう1段階、改良したいですが。。  いい案がない。



   



ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

にゅーす
しばらく、畑を休まなければならず、最近更新ができていません。

メンテは続けるつもりです。

留守中のブログ、今日は何にしようかもよろしく。
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア