トマトの雨除け支柱の準備

先の週末の作業の話です。

2年続けて同じ場所で育ててたトマトですが、今年は場所を変える事にしてます。   トマトの雨除け支柱は、1.8m x 5m 広さをカバーする大きさで、飛ばされないように杭で固定しているので移動が大変で、昨年は同じ場所で連作しました。 

  回りの畑の友人らは、トマトは同じ場所でも大丈夫的な発言をくれます。  実際、隣のおじさんは毎年同じ場所で雨除け栽培しています。  うちも、2年目は大丈夫でした。  でも3年目はどうなるか分かりません。  ネットでいろいろ調べると、連作を続けた時の年次の収量推移データを良く見ますが(トマトではない)、2年目は大したことないですが3年目にどっと減少するっていうのが1つのパターンになっているような気もします。     なので、今年は場所を変えることにしています。

前置きが長くなりましたが、2月(実際は1月末)の閑期に準備を進めることにしました。

まずは杭打ち
雨除け支柱の杭打ち

雨除け支柱の杭打ち

ススホホの雨除け支柱は、6本のアーチ支柱で成り立ってます。  毎本、杭に縛り付けるのは大変なので、両端と中央のみにしたいのですが、6本なのでど真ん中がありません。  仕方なく、中央部の2本両方に杭を準備し合計8本を打ち込みました。  きちんと紐を引いて真っ直ぐになるように縄張りしたのですが、やはり微妙に曲がってしまいます。   隅の杭の上に木槌がバランスを取って乗ってます。   この小さいので打ち込んだので、たいへんでした。  杭は90cmの長さで約半分の長さまで打ち込まれています。

今の杭
雨除け支柱の杭 古いの
こんな感じでくくりつけます。   支柱は地面には打ち込んでいません。  1本の杭に高さを変えて2か所を針金で縛り付けます。 物が大きいので風が吹くとかなりの力になるはずで、気を付けてしっかり施工したい所です。

針金がどこかにあったはずなのに、見当たらないので、購入が必要です。  安い物ですが、後から使いさしが出てくると、だらしない自分が嫌になります。

去年の写真
トマトの雨避け 支柱2
前回に雨除け支柱を設置したときは、縄張りをせずに組み立てたので写真の様にガタガタでした。  支柱を土に埋めないので、後から真っ直ぐ調整できるとおもったのですが、どうしてもうまくできませんでした。   今回はどうなるでしょう。。

今日の作業は杭打ちまででしたが、支柱移設時にまたアップします。 

ちなみに、ススホホが使っているのは国華園の組み立て式鋼管アーチ支柱。 間口1.8mx高さ2.4mの物はもうないようですが。。


トマトの雨除け支柱の準備2



ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

にゅーす
復活です。

ただ、この冬の栽培は限定的。

プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------