ゴマの収穫

ゴマ栽培記録です。 前回の害虫ネタからいきなり収穫ネタです。

一番下の鞘が、このように弾け出すと収穫期だそうです。
DSC_0302x.jpg

ただ、鞘が緑のまま中の種が発芽してきて割れ始めているものがいくつかありましたが、乾燥して割れているのは全体の株のうち1割にも達していませんでした。  しかし、隣の「おばあ」が「もう、ええで」と収穫OK判断を下して来たのと、最上段の鞘を切って開くとちゃんと真っ黒のゴマで満ちており結構熟している様子だったので、収穫することにしました。 (9/27)



収穫前の様子  
DSC_0296.jpg

葉はほぼ枯れ落ちておりスカスカですが、生い茂っている全盛期の頃は密植気味でした。
次年度はもう少し間を空けようと思います。


収穫し束にされたゴマの枝
DSC_0303x.jpg

適当な場所が無いのと、乾燥して順次弾けていくゴマを受ける良い方法が思いつかないので、家の軒先で束ごとにビニール袋に入れて乾燥させようと、高さを抑えて束ねました。 
根元から引き抜くと約1.5m、一番下の鞘のすぐ下から刈り取ったとしても1m近くあるので、 手間ですが適当に2~3等分しています。  選定バサミで1本1本刈り取りました。  

素手で作業すると、実をすりつぶした訳ではないのに手にごま油を塗ったような匂いとべとつきがあり、ゴマの木!って感じです。


収穫後
DSC_0304xx.jpg

鞘の下から刈り取ったので、地上50cmほど茎が残っています。 そのままでは小型耕運機が入らないので、全て根元から引き抜きました。 簡単に引き抜けました。  乾燥しても耕運機に巻きつくようなら堆肥箱行きですが、軽くなればその分作業は楽になるはずです。

乾燥の様子
DSC_0305.jpg

あれだけの面積の栽培で、たった3袋(45L x 3)に収まりました。 
湿気で微妙にビニールが曇ってきます。 湿気がこもらないように袋の口は下に降ろしています。
ちなみに、一番右の束は1週間前に鞘発芽していた株のみを収穫した束。  長さは抑えていませんが、袋で受けるにまったく問題なさそうでした。      ススホホ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

にゅーす
復活です。

ただ、この冬の栽培は限定的。

プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------