トウ立ちしたゴボウの料理

先日、トウ立ちしたゴボウの収穫の記事を書きました。
今日はその料理の話。


結論から言えば、トウ立ちしたゴボウは普通には食べられません。

なにも知らず料理をしましたが、トウ立ちすると芯が硬くなり、切るのが大変。
やはり無理かな~と思いつつ、きんぴらゴボウを作ってみると、
硬い芯はまるでアイスキャンディーの棒の様。

意地汚い子供の頃、繊維がぼろぼろになるまで噛みしゃぶっていたあの感触、
そう、もはや木でした。



食べられないとなると、まだまだ収穫していない沢山の株が堆肥箱行きです。

ただ、硬いのは芯だけで、周りはやらかそうだし、どこまで食べる事ができ、
どこからが不可なのか、調べてみました。


関連リンク:トウ立ちした玉ねぎの調査



トウたちしたゴボウ
トウ立ちしたゴボウ
根だけ見ると太くて立派。
が、しっかり芯が入っていてがちがちです。

調べてみると、トウ立ちすると地上部が2mほどに成長するそうで、
それを支えるために硬い芯が必要になるのでしょう。 

根の部分(ごぼう本体)には、結構先端まで硬い芯が通っていました。
ただ、回りの皮の部分は比較的柔らかそうです。



若いゴボウ
若いゴボウ
これはトウ立ちしていません。 なので、くねくね曲げる事ができます。

すでに調理済みで断面の写真はなし。 観察すればよかったと後悔。 



トウ立ちしたごぼうを調理
トウ立ちしたゴボウ
周りの柔らかい部分のみを調理する方法は簡単。

* 柔らかい部分のみを剥ぐ(写真左)
  取っ掛かりを作ると、簡単に手で剥ぎ取る事ができます。

* ささがきする(写真右)
  硬い芯には包丁が入らず、ゴボウがしなって柔らかい部分だけがをささがけます。
  ささがきと言う切り方は、トウ立ちしたゴボウの為にあるかの様に思えるほど。


前回は、ささがきが上手くできないから輪切りにしてから千切りにしてました。
芯の硬さと格闘しながら。




食べてみた感想
普通のゴボウと比べて、味・触感の違いはあまり感じませんでした。

若いゴボウも一緒に調理したんですが、硬く成り始めてたのか、
強めの歯ごたえの物も混ざってたけど、噛めないことはない。




まとめ
トウが立たないように栽培するのが一番ですが、
トウが立っても料理できなくはないって事が分かりました。













ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

菜園カテゴリ
リンク
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

 

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------


-------------------------------