イチゴの管理

昨、土曜日の記録。   
予報に反し午前中は晴れ間がでており、畑でイチゴの世話をしてきました。

4月1日に「畑の様子」で使った写真
イチゴ 2015.04

花が咲き出したのでそろそろ敷き藁が必要です。 

現地調達
大麦

エンドウの周りに植えた大麦。  これを刈り取って使います。

施用前
大麦青刈り

施用後
イチゴに敷き藁

藁と言っても青々していて、色が同じで何が何か分かりませんね。  
青い麦の敷き藁は初めてです。  茶色いワラより CN比が低いので、もしかするとどんどん分解されてなくなってしまうかも?   6月まではもつでしょう。     


PS アスパラ蒔きました。  1.1mL入り (約45粒でした)
アスバラ種蒔き

種を一晩ぬるま湯につけておくと良いそうですが、浸漬時間はセルトレーの準備に要した10分だけ。   土を詰めたら、即植えたくなりました。   18穴に2粒づつ蒔き、自作育苗器で発芽まで30℃に管理です。  今日からスイカ(とアスパラ)の発芽まで夜も30℃狙い。  夜間でも室内なら15度が確保できるようになったので、トマトの苗達は育苗器から卒業です。 

 


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

にゅーす
復活です。

ただ、この冬の栽培は限定的。

プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------