早春のトンネル栽培2

トンネル栽培のその後です。

手前が1号・奥が2号
トンネル栽培
トンネル2号は換気穴が少ないために、水蒸気がこもっているようです。

地温(上)とトンネル内の気温(下)
トンネル内の温度
午後1時、晴天。  地温は今までに無い高さになっていました。   さらにトンネル内の温度も35度と高すぎます。  1号2号両方ともほぼ同じ温度でした。 

1号トンネル内
一号トンネル内
こぼれ種の麦が勢い良く成長してきたので、草(麦)抜きするためにトンネルをめくりました。    ついでにしっかり成長様子を記録しておきます。  

一足早く種まきしたほうれん草
ほうれん草

点蒔きした小蕪  もう少し密に植えても良かったのかも。
小蕪

同じく点蒔きしたべんり菜  こちらは、千鳥状で少し密に蒔いてます。
べんり菜
小蕪・べんり菜を1箇所1本にしておきました。   さらに水菜も3cm間隔くらいにしておきました。   写真無しですが、人参は殆ど成長していません。

キャベツ     間引きはもう少し後にします。 
キャベツ苗

***********************************
ここからは、2号トンネル。  後から種蒔きした2号トンネル内の葉物も、順調に成長しています(写真なし)。   その種蒔きから3週間たったので、次の種蒔きをしました。

べんり菜・小蕪・水菜
葉物野菜種蒔き
同じものばっかりです。。。。  今回はいずれも筋蒔きにしました。  溝底播種です。

その隣にほうれん草をばら撒き
ほうれん草 種蒔き


さらに隣に、キャベツを2箇所に3粒づつ。
キャベツ・サラダ菜 種蒔き
キャベツの周りにサラダ菜を。  両者はコンパニオンプランツの関係だったと思う。。

最後にトンネルを閉めて終了。  
2号トンネル 換気

朝晩に裾を開け閉めすればよいのですが、ちょっと無理。    なので、トンネル前後を開けておきました。    また、1号トンネルは、ビニールを完全に外して防虫ネットトンネルにしておきました。   ゆっくりでも成長してくれればいいです。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。
北海道の季節感とかなり違いますが、畑も着々と進めているようですね。
「べんり菜・小蕪・水菜」の写真に、幅3センチほどの筋が(周りに比べて平らな)あるようですが、筋蒔きの目印ですか?どうやって筋を引いているのでしょうか?

たびいくひとさん
これらは、溝底播種という蒔き方です。 角材の角をつかって溝をつけて種を蒔きます。
溝が寒さを防いだり、底に種が落ちるので、きっちり一直線に揃うので良い方法です。
くわしくは、リンク先の菜園ジャーさんのサイトを探してみてください。
にゅーす
復活です。

ただ、この冬の栽培は限定的。

プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------