春の畑の準備2

前回に続き2月21日 土曜日作業の記録です。
春野菜の準備 堆肥散布

ジャガイモ予定地の耕運
ジャガイモ栽培予定地の耕運前

前回「じゃがいも」カテの記録時点では、麦の栽培箇所が今年の春ジャガイモの予定地でした。
が、訳あってその右側の小豆・大豆残渣のすき込み区画に変更しました。  

綿密に立てた作付け計画でしたが、シーズン開始前に変更する事が多々あります。

ジャガイモは粗大有機物との相性が余りよろしくないそうです。
なので、すき込んだ残渣を掘り出すか? 分解を早められるか? を検討した結果、
後者を選択し耕運することにしました。  

植え付けまでの3週間、毎週の様に耕運するつもりです。  
土ごと堆肥を切り返すイメージで、分解促進を狙います。


耕運後
ジャガイモ栽培予定地の耕運後

長い繊維が耕運機の爪に巻き付くと予想していましたが、ちぎれ易くなってたので、
巻き付く事もそれほどでもなく耕すことが出来ました。    

表面に出て来た分解しにくそうな大きい(太い)残渣は、隣の区画にほり出しておきました。


キュウリ栽培予定地
春の麦蒔き 蒔き床

キュウリは5月からなので、それまで緑肥を育てておくことにします。
去年大量に採れた大麦を蒔きます。  線虫密度を低下させる効果があるのかはよく分かりません。
   
そもそもこの時期に蒔くのは初めてなので、どうなるかは分かりませんが、
まあそこそこ良い所までは育つでしょう。 

麦の播種深さは3cmなので、ばら撒きできるようにあらかじめ土をごそっと掻き出しておきました。


播種密度 
春蒔きの大麦 種蒔き密度

耕運するとすれば4月中、不起耕でなら4月末までの栽培となり、大きくなりきらないだろうからと、
高めの密度でばら撒きました。    

とは土を被せただけで、鎮圧することも、水やりする事もせず完了です。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

にゅーす
しばらく、畑を休まなければならず、最近更新ができてません。

メンテは続けるつもりです。

留守中のブログ 今日は何にしようかもよろしく。
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------