春野菜の準備  堆肥を撒いて耕運しておきました。

すでに、ビニールトンネルで春の葉物野菜の栽培を始めていますが、3月中頃から露地で本格的に栽培を始めるのを前に、堆肥を撒いて準備をし始めました。

今回、手を入れた区画
春の葉物野菜の準備

3列(区画)分が対象です。  
赤で囲った栽培予定品目はいずれも5月以降からの栽培なので、それまでに2ヶ月程度で栽培できる小物を作る予定。
ナタ豆区画には白菜数株、スイカの手前に白ネギ数株が未だ健在ですが、それらを避けながら耕運すると共に、堆肥を入れておきます。

落ち葉堆肥
撒いた堆肥の量

30Lの漬物樽に軽く9杯ほど撒きました。   写真は撒き終えた後の堆肥箱。
1/3近く使ってしまいました。

この漬物樽、購入当初から畑のバケツ的に使ってきましたが長持ちしてます。  他のプラスチック製品は紫外線にやられてバキバキなのに。 


落ち葉堆肥散布後の様子
落ち葉堆肥散布

いつもなら石灰も一緒に撒くのですが、トンネル設置前に土のpHを、昨日は堆肥のpHを計測していて、いずれも6以上あったので、今回は省略しました。


最後に耕運
耕運しました。

落ち葉堆肥が飛ばない程度に表面10cm程度のみを耕運して落ち葉と土を混ぜておきました。  不起耕で得られる作物の根が耕した深部の土の構造を崩さないように。 

白菜の白色と、ネギの緑が目立ちます。  
ちなみに手前の緑の草のように見えるのは、緑肥的に蒔いた大麦です。  効果が期待できるほど大きく育つ前にすき込むことになってしまいました。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

にゅーす
しばらく、畑を休まなければならず、最近更新ができてません。

メンテは続けるつもりです。

留守中のブログ 今日は何にしようかもよろしく。
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------