生ゴミ堆肥 2014.12

11月に入ってずいぶん涼しく(寒く)なってから再開した生ゴミの堆肥化処理の様子です。

投入前のコンポスト(自作堆肥箱3号)の様子
生ゴミ 堆肥箱の様子

表面に白いカビが生えてきており、良い感じです。  
若干水分が多いので、しばらく開け放って乾燥させたいですが、今日の曇り空ではあまり効果は出来なさそう。   なので、すぐに穴を掘って新たな生ゴミを投入します。


前回の生ゴミにミミズが沸いています。
生ゴミ 分解中

資材が少ないので、穴を掘ると前回投入分が出てきてしまいます。   その前回投入分の周りに、ミミズが沸いています。    発酵中の堆肥箱の端っこと同様こちらでも。        ミミズは生ゴミを食べ、その糞が良い堆肥になるそうなので、大歓迎です。     アメリカ水アブが大量に沸くより100万倍、良しです。

水分調整の落ち葉
生ゴミコンポスト 水分調製

乾燥させる代わりに、発酵中の落ち葉堆肥箱1号の表面の乾いた落ち葉をバケツ一杯分ほど加えました。   それでもまだまだ水分量が多めだと思います。   それに資材の量が箱の半分以下しかないいので、しばらくは生ゴミを投入するごとに乾燥した資材も入れていきたいと思います。   


生ゴミの堆肥化の方法はこちらで紹介しています。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

にゅーす
しばらく、畑を休まなければならず、最近更新ができていません。

メンテは続けるつもりです。

留守中のブログ、今日は何にしようかもよろしく。
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア