イチゴの記録の続き

昨日の記録に、1つ、書き忘れていたことを思い出し、加筆します。

昨日の1枚目の畝の写真に、イチゴに寄り添うニンニクの葉が見えます。    ニンニクの殺菌作用でイチゴの病気が防げるとの事。  いわゆるコンパニオンプランツってやつです。  

書き忘れてたのは、そのニンニクの事。  記事にしてない写真も出てきたので合わせて記録しておきます。

植え付け時の様子  (10月12日撮影)
ニンニクの発根

イチゴは9月半ばに移植。  10月頭のニンニク植付けで余った物を使いました。    畝肩に鎌の柄で穴を開け落とし込むようにして。   マルチをしていないので簡単です。   

良く見ると、この時から既に深植え気味になっていました。


その時のニンニク
イチゴとニンニクの混植

すでに発根していました。    
これを見て、ニンニクも芽だしをしたら良いのでは? と思いました。  が、良く考えると、普通に植えて9割以上芽が出てきてるし、少々芽の出るのが遅くても問題ないので、芽(根)出しは不要ですね。 



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

にゅーす
しばらく、畑を休まなければならず、最近更新ができてません。

メンテは続けるつもりです。

留守中のブログ 今日は何にしようかもよろしく。
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------