2014落ち葉堆肥づくり4

先週積み込んだ落ち葉堆肥の1回目の切り返し作業です。

作業前。
堆肥切り返し 作業前

嵩が減った分の補給と、大量の残渣の割合を少しでも下げようと、写真の緑のプラコン2杯準備済み。

まずは1段目を外して、隣に置きます。  しっかり踏み固められているので、崩れません。
堆肥切り返し  1段目の枠取り外し


落ち葉の部分。  既に発酵し始めている所と、全然未だの所の差は、水分量の差。
堆肥切り返し  堆肥化のムラ

DSC_0835.jpg

普段なら隣に落としていくだけですが、底から三分の二ほどある栽培残渣と落ち葉を良く混ぜたかったので、いったん上の落ち葉部分を別のプラコンに取り分けて残渣・落ち葉・残渣・落ち葉のサンドイッチに。

残渣部分は発酵が活発になっているようですが、まだまだ形が残っています。
堆肥切り返し  栽培残渣

切り返し終了   ここまでで、合計約500gの尿素を加えています。   
堆肥切り返し  切り返し終了

追加分の落ち葉200Lx2袋がほぼ丸々残っているので、この上に積んでいきます。

落ち葉の含水作業
落ち葉の含水作業

次の切り返しはしばらく時間を空けるので、きちんと水分を行き渡らせられるよう、必殺技のドブ漬け方法。  積み込んでから散水しても、葉が重なった部分はどうしても濡れませんが、この方法だと完璧です。   手間が掛かるし手が冷たいので出来ればやりたくないですが。。。。

作業終了
堆肥切り返し  作業終了

山盛りにすることで、400L全量積めました。   この後ブルーシートを被せて終了。  
土曜日の温度チェックの際に、温度計を斜めに引っ張り上げて温度計が割れてしまいました(3本目)。  なので温度計測はしばらく休止です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

にゅーす
復活です。

ただ、この冬の栽培は限定的。

プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------