真冬のほうれん草の種まき

こちら三重。
ちょっと、「豆な暮らしさん」の真似をしてみました。  良いページで、良いフレーズです。 いちど訪問してみてください。

こちら三重県伊賀地方の冬は「寒冷地」と考えていたのですが、隣の畑のおばあが12月に種を撒いたほうれん草を今年の3月に収穫していたので、真似してみました。  お婆は露地栽培でしたが、ススホホはもう少し若いのでトンネル栽培で大人気なく対抗です。   

畝作り。    影が。。 
ほうれん草の畝作り

先のpH計測で石灰散布せず、肥料多めの大根後なので元肥も無しでいきなり畝作り。    せっかちなんです。  
畝作りといっても、トンネルの裾を埋めるための溝を掘っただけ。  水はけは良いんです!


2種類のほうれん草を撒きました。
ほうれん草の種

トンネルといえども寒冷地はNGのようで、どちらの種が適しているか分からないので2種類撒きました。   撒き溝は3列で1列づつ。  中央の1列は寒さに強そうなルッコラを。

播種間隔
ほうれん草の種まき間隔

一度トンネルを被せてしまうと面倒で開けたくないので、間引きしないで済む様に間隔は広めで。  青い処理した種が、「撒き時期がながーいほうれん草 サカタ 2014」  白いのが「豊葉ほうれん草 とーほく2014」

トンネルして完成。  
ほうれん草のトンネル栽培

換気穴が開いてしまってますが真冬なら本来不要です。  中古のビニールなもので。。   
ペットボトルに水を入れて中に入れておくと昼間の暖かさを蓄熱してくれて良いそうですが、そこまでお婆に差をつけなくても。 と面倒なので止めました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

にゅーす
復活です。

ただ、この冬の栽培は限定的。

プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------