大根の栽培記録 2014

大根の栽培記録です。

9月6日  播種
練馬たくあん(トーホク) 青首宮重総太(サカタ) をそれぞれ10m位に1条づつ種まき。  株間は20cm位。   ジャムのビンのふたを土に押し当てできた直径5cmの穴に3~4個づつ種まきしました。

daikon_hatsuga_20149月16日 種まき後10日
そろそろ、各箇所 2本に間引き。

大根の葉もよく虫が付きますが、
これまでなんとかなってたので防虫ネットなしです。

気休めに木酢液500倍をスプレーしておきました。

ちなみに、写真手前は聖護院ダイコン。 

その記録は別記事で。


9月25日  19日目
DSC_0279x.jpg DSC_0280.jpg
葉が所どころ食害されているので良く見ると、いつもの黒い虫を発見しました。  ナノクロムシと言うそうです。 体長1~2cmくらい。  目立つので簡単に見つける事ができますが、体を丸めて転がり落ちるので厄介です。   日を変えて、3回くらいしっかり捕獲しておくと、被害が抑えられます。   

そろそろ最終間引きです。  本来なら、残す方の大根の根を痛めないために、杯軸でちょん切るのが良いのですが、何気に引っこ抜くと、すでに30cm程度根を伸ばしています。  驚きですが、この細長い根が切れずに引き抜けた、ここの畑の土質にも関心です。  

10月15日  39日目
DSC_0439.jpg DSC_0436.jpg
写真左の左側が青首宮重総太  右側が練馬たくあん。  生育差なし。
写真右 青首宮重総太  ちょうど人参くらいの太さです。  株ごとに生育がまばらですが、まあ大丈夫でしょう。  虫食いは結構あるのですが、虫が見当たらないので今はほったらかしです。 

青首大根10月29日 53日目 収穫開始

青首大根(青首宮重総太)を収穫開始です。  
もう少し遅い生育でもよかったかも。   

あまり長いこと置いておくとスが入ってしまいます。   
どこかで一度に収穫してしまい、
土の中で保存するつもりです。   

練馬大根はたくあん作りに使うので
後日いっぺんに収穫します。



練馬大根 収穫時期 11月16日 播種後 71日目

練馬大根の収穫です。

地上部は青首大根に比べ明らかに細く、
失敗したと思っていました。

がしかし抜いてびっくり、立派に育っていました。

地下部ほど太くなっており、
一番太い所は青首と同程度です。  

長さは半端なく、最長で60cm位ありました。

練馬大根 全容 練馬大根と青首大根
大根を洗ってからその場で干します。 洗わずに干すと茶色い大根になってしまいます。
 
大根干し風景 大根の残り
たくあん用には1~2週間干します。

大量の青首大根の一部は割り干し大根挑戦します。

ちなみに、練馬大根(たくあん)は48本、青首(割り干し)は9本 干してます。
まだ大半の青首と3分の1程度の練馬大根が残されています。   

終わり


2015年 大根の栽培記録



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

黒い虫

おはようございます。
北海道でも 青虫のほか、例の黒い虫がたくさんいます。
昔はいなかったように思うのですが、10年ほど前に突然現れたような気がしますが・・・。
ナノクロムシと言うのですか。丸まって落ちると言う説明ですぐ同じだと分かりました。
練馬大根はすごいですね。普通の大根の2倍ほどの長さになるんですね。収穫するのが大変そうです。土が良いので作れるのでしょうが、我が家の土では、スコップが必要になります。

たびいくひとさん。
ことしは、失敗続きの事もあり、たくあんづくりはやめます。 それと去年の種袋が見当たらないのもあり、練馬大根の栽培はしません。   でも、あの長い大根の収穫の感動は、またいつか作ってみたいと思わせます。
にゅーす
しばらく、畑を休まなければならず、最近更新ができてません。

メンテは続けるつもりです。

留守中のブログ 今日は何にしようかもよろしく。
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------