スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐箕を入手しました

畑の近所の人から、唐箕を頂きました。 

雨水を溜める水瓶(漬物樽)を目当てに農家の納屋にお邪魔しすると唐箕が。。。  水瓶の仲介役である隣の畑の方が「もらっとけ!」、  対する農家の方は「要るなら持ってけ」の即答で、不意の大収穫です。

全体像
唐箕
幅120cmx高さ120cm 奥行40cm 位で、私が以前見たことのある唐箕よりも二回りコンパクトです。  家庭菜園で作っている大麦・ハトムギ・ケツメイシ・ゴマ の選別に使うには十分すぎる大きさです。    埃まみれでしたが物はかなりきれいで、 掃除すればすぐ使えそうです。   カメムシの匂いがしましたが、そのうちなくなるでしょう。。。。 

投入口
唐箕 投入口
投下量を調整できるシャッターがついています。   動きはスムースで全く問題がないです。

唐箕内部
唐箕 選別
落下距離は意外と短く10cmくらいかな?   投入口の真下に1番目の出口、その隣に2番目、そして3番目は後方に風と一緒に飛んで行けーです。  重い順に1・2と選別される仕組みです。   仕切り位置を調節できる板1・2がある事を初めて知りました。  

調整ノブ
唐箕 調整ノブ
側面には、投下シャッターと仕切り板の調節ノブがあり、ハンドルを回しながら調節できる様になってます。  素晴らしいですね。  3つとも、何の問題もなく動きました。     

ハンドル
唐箕 ハンドル
これを手で回し、風車を回して風を送ります。  ハンドルの回転は歯車を介して増速されて風車の軸に伝わります。 「優良選別請合」 と刻印され、期待させます。 

デビューは、1~2週間後のケツメイシ分別作業かな。  その時にまた報告します。

収納場所
畑の小屋 2015.10
大きいので、畑に置いておくしかありません。  散らかり放題の小屋を片付けなくては。。。。

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

関連記事
スポンサーサイト

なすびの栽培 2015

今年のなすびは種から育ててみます。  初挑戦です。  
なすびの育苗期間は約90日と長いので敬遠していましたが、多数のブログでなすびの種蒔きをしているのを見て挑戦する事にしました。  ただ、思い立ったのが遅く、出遅れのスタートとなりました。 

なすびの種 その他購入した種。

自家採種も挑戦しようと、F1じゃない野口種苗さんの種を購入。  

2週間弱で届きました。 
   
泉州水ナスは栽培地を選び難しいそうですが、
漬物(名物)にする夢を抱いて購入。



なすびの育苗 3月23日 播種

 20日ほど前に一度種まきしたのがこの写真。

 後日、温度管理に失敗し種まきしなおしました。

 さらに大幅に出遅れる事になってます。 








なすびの苗 定植5月23日  育苗61日目 定植
まだ一番花の蕾もありませんが、毎朝の水遣りも大変なので定植してしまいました。

穴を掘らず平らな地面の上にネギを広げ、
その上に苗を置いて回りに土を掛けて小さな畝を作る感じで植えつけました。 
  
右手にトマト・左手にじゃがいも と周囲がナス科で固められています。  アブラムシが順番に飛来してくるのでよろしくない配置だそうで。。。 

気休めに両サイドに麦(ライ麦・大麦)を植えていますが、まだ草丈が低く、期待薄です。。。

5月30日
なすび 落ち葉堆肥マルチ なすび 生育状況
むき出しの土を嫌い、落ち葉堆肥でマルチしました。   苗はまだまだ小さいです。


なすびの生育状況 2015.6.236月23日  
微妙に元気がない。 
菜の色もちょっと薄め。

原因はテントウムシだまし。  

キャベツを食べる青虫ほどではないですが、
彼らがせっせと葉を食べているようです。  

虫の存在は知っていましたが、
害虫とは思わず何もしてきませんでした。 

てんとむしだまし なすび摘果
 一番果を摘果しました。  7株植えて2つしか実をつけていないのも残念ですが、実の食害後もテントウムシだましによるものだそうです。    ストチュウでどっかに行ってくれるかなあ? 

7月1日  
なす なす
なす なすの左に植えていた燕麦を刈り取って敷き藁にしました。    

てんとうむしだましの被害の深刻さを痛感し始めました。 

株の生育が非常に悪く、また実の成る量も少ないです。

さらに、実が小さいうちに食害を受けカチカチになり大きく成りません。 いまだ収穫0です。   

これではいけないと、
最近ようやくペットボトルで捕獲し始めました。   


8月2日 初収穫
畑の様子 2015.08 なすび 初収穫
ようやく収穫できました。  それでも少し虫の被害を受けています。  まだ少し小さいですが被害が深刻化する前に収穫です。   水ナスの方はいまだに小さい実がカチカチです。  虫のせいなのか、そもそも栽培が難しいのか。。。。
本来なら更新選定する時期ですが、ナスの色つやがいいのでこのまましばらく様子見です。  
2015なすび終了10月24日  栽培終了
今日まで収穫し続けていたわけではなく、ただほったらかしていただけ。  
2週間は世話していませんでした。

でも、2個ほど実がなってたのを採りました。

今年は種からの栽培に挑戦しましたが、
育苗が遅れたのが悪いのか何か他に悪いのか、
5本植えたにもかかわらず、例年の1本分も採れませんでした。   

でもまだ種がたくさんあるので来年も種から再挑戦です。   


2015栽培記録終了

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

関連記事

山芋類の栽培記録 2015

今年は短型自然薯、イチョウ芋・大和芋の3種類を栽培します。  大和芋は購入品ですが、その他は昨年収穫した残り。  また、むかごからの栽培にも挑戦です。  

芋類の芽だし容器3月末   芽だし開始

モミ殻と一緒にビニールに入れ、
段ボール箱で保管していた状態のまま、
冷蔵庫の上に置いて芽だし開始です。

冷蔵庫の上は、ほんのり暖かく
段ボールに入れたモミ殻内の温度が
約20度位と芽出しの適温になります。


4月17日
山芋類 山芋の芽 アップ
大和芋 ムカゴの芽
短型自然薯は芽が出始めていますが、 イチョウ芋3つは何の変化もなし。 
ヤマト芋・むかごからも芽が出てきています。


5月2日  植えつけ
山芋 芽出し状況 大和芋
自然薯2本は根も出てきたので、植えつけます。   イチョウ芋3本は全く芽が出る気配がないので後日。  
大和芋も、小さいですが芽が出てきています。 大和芋からは芽が2つ出ていました。  
分割してもいいでしょうけど、そのまま植えます。
大和芋 植え付け 山芋植え付け
芋の先端(上部)で地下5cmくらい。 伸びた芽はすでに地上に顔を出してます。 

ムカゴ ムカゴ植え付け
短形自然薯とイチョウ芋のムカゴが混ざっています。 区別は付きません。  
ムカゴは株間 5cm深さ 2~3cmで植えました。 条間15cmの4列x50cmほど(写真左)。   我流です。
ムカゴも種芋も、植え付け時に潅水はしていません。  これも我流。


5月16日 イチョウ芋植えつけ
イチョウ芋? イチョウ芋?
芽が出るのが遅れていたイチョウ芋も植えつけます。  
1つは芽が出始めていますが、残り2本は気配なし。 大丈夫かな。


DSC_1914.jpg5月31日
自然薯・大和芋は、着実にツルを伸ばしています。  

ムカゴもどんどん発芽しています。 
発芽率は50%くらいでしょうか。  

たっぷりあります。





DSC_2389.jpg8月18日

写真はオクラを写したものですが、後ろの山芋のツルがよく見えます。 

右端の緑が濃いのは大和芋。 

自然薯とイチョウ芋の葉は黄味がかっています。  





9月5日
山芋 山芋の葉を食う虫
むかご急激に枯れ始めました。
昨年同様、他の畑よりもずいぶん早いようです。

まだムカゴ採りをしていないので、慌てて採ろうとしたら、蛹化しかけている虫を発見(写真右上)。 

もしかしたら、この虫が葉を食べつくしたのか・・・  2匹いました。    

むかごがほとんどありません。 
たったこれだけ。  とほほ。



10月12日  収穫開始
山芋1年目 山芋 来年の種芋


山芋を一部掘り出しました。  全部は大変なので、まずはムカゴを植えた所から。   きちんと等間隔に芋が並んでいました。  小さな芋を想像していたのですが、結構大きくなっており、掘るのが大変でした。  大きいのは普通の種イモ以上です。  重量は未計測。    イチョウ芋(右半分)と短径自然薯の特徴がすでに出始めています。

密に植える事ができる上、高い支柱も要らない事を考えると、これを食用に育てるのもありかなと思いました。   でも、今年はむかごがあまり採れなかったので、来年も同じだけ植える事ができないのが残念です。  ひとまず来年は、これを種イモにして親芋栽培の規模拡大です。 これと同じだけあと3列あります。


10月18日 全数収穫
山芋1年目 山芋2年目
全数収穫しました。 写真左がムカゴを植えて育てた1年目の芋。 20本近くあります。  
重さを記録するつもりでしたがやめました。 数グラムのムカゴからこれだけ大きくなるのだから、種イモが少しくらい小さくても問題ないでしょう。  

写真右は種イモから育てたもの。  一番大きなイチョウ芋で1kg位でした。  2つ植えた丸い大和芋は、種イモと同じサイズの芋が2つづつ採れました。 1つは種イモ? それとも芋が2つ採れたのか。。。 たぶん後者。  大和芋は丸くて掘るのが簡単でしたが、小さくて喜びが少ないですね。  来年育てるかは、味を見て決めます。


2015栽培記録終わり。 

栽培記録の一覧



   



ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 
関連記事

秋ごぼうの栽培記録 2015

ごぼうの栽培記録です。  (2015.10.18更新)

ゴボウの種の芽出し5月2日 播種 

滝の川ごぼう 2014年の種です。

1晩ぬるま湯につけ、湿らせたティッシュに包んでチャックつきポリ袋に入れ窓際に置いておく事3日。

ゴボウの種の芽出しです。

普通に蒔くと発芽率が異常に悪いので苦肉の策です。

間引きの手間を省くため、
きちっと10cm間隔に蒔きました。


  
秋ごぼうの発芽5月9日 発芽

発芽率は今の所30%くらいです。  

隙間が目立ちます。  

50%くらいは発芽して欲しい。






5月28日
ごぼうの発芽状況 ごぼうの芽 枯れる
最終的な発芽率は50%位になりましたが、晴れ続きで一部の弱い芽が枯れたり、虫に葉が食べられたりと、隙間だらけです。  高畝にしてるので、乾燥に弱いのでしょう。  1か所1粒づつしか蒔いていないのも良くなかったです。もう少し間隔を空けてもいいので1か所2~3粒は必要ですね。
ごぼうの追加種蒔き
空いた所に追加蒔きです。

前回同様、チャック付ポリ袋で3日間湿らせてました。

ただ、季節がすすみ暖かくなったので、
高温になりすぎるのを懸念し窓際放置はしませんでした。  

そのせいか、まだ発芽する様子はありません。 



10月18日  収穫
ごぼう 2015.10 ごぼう 収穫
 前回の記録た追加の種まきで、一気に収穫です。 ずーっとほったらかしで、途中の写真すらありませんでした。  たまに草は抜いていましたが、ご覧の通りの荒れ放題。  当初の間隔で育ってたなら、葉の陰になり草も抑えられたのかも。   
 少し畝を高くして育ててましたが、長いごぼうを掘りあげるのが大変で、すべて途中で諦めたり折れたり。  放任で育つのは良いのですが、ここまで掘るのが大変なら(腰も痛いし)、来年の栽培は見送るか、短い品種への変更が必要ですね。 

2015年の記録は終わり。

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

関連記事

畑の様子 2015.10

今日はすでに12日。 毎月恒例の畑の様子を遅ればせながら。

西端
畑の様子 2015.10西側
ハトムギも収穫を済ませ、広々しています。  大豆第一弾も失敗に終わって片付けたし。  一部耕運機が入っていない場所は、冬の霜にあてるホウレンソウの栽培場所。 でも、発芽が遅れていて、これも失敗に終わるかも。  腰の調子が悪いので、この冬はここに玉ねぎを植えるだけに終わりそうです。   右奥のケツメイシもそろそろ収穫ですが、ぼちぼちと。

東側
畑の様子 2015.10東側
こちらは、秋じゃがが元気良いです。  収穫を控えたサトイモ・山芋・ごぼうを残して、ぼちぼち片付けています。  真ん中で玉ねぎを育苗中。

東端
畑の様子 2015.10西端
大根と白菜。  当初はネットを掛けてましたが、追肥・除草のために取り去りました。  手前の大根は間引き前。 そのため、実際より大きくなっているように見えています。


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 
関連記事
にゅーす
しばらく、畑を休まなければならず、最近更新ができてません。

メンテは続けるつもりです。

留守中のブログ 今日は何にしようかもよろしく。
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。