かぼちゃの栽培 2015

カボチャの栽培といっても、食べ切れずカビが生え始めた玉を今年の1月に土に埋めたものが、後の耕運により玉が粉砕され勝手に発芽してきたもの。  いわゆる野良カボチャです。   去年も生ゴミ堆肥の中から出て来た芽を移植したものから育てたので、ある意味自家採種3代目です。 

4月29日 本葉2枚
こぼれ種 カボチャ 
これでも三分の一くらいに間引き済み。

最終的には1本立ちさせますが、
もうしばらく大きくなってから。







5月12日  瓜葉虫対策
南京苗をネギで囲む
野良なので、ホットキャップや行燈をしていなかったので、瓜葉虫にやられ放題です。

瓜葉虫が嫌うというねぎで周りを取り囲むようにしました。

が、結局はあまり効果がありませんでしたが。。





6月25日   生育状況
カボチャ カボチャの実
生育旺盛です。  よく探すと実がなり始めています。 野良はあくまでも野良、自然受粉です。  2節連続で実が成ってて、さすがにこれはまずかろうと、1つ摘果しておきました。

7月31日  初収穫
かぼちゃ 収穫 かぼちゃ 新しい実
収穫時期の見極めは難しいです。  JA西春日井HPによると、ヘタがコルク状になってて、実の表面のツヤがなくなった頃だそうで。  少々遅れても大丈夫だろうとずいぶん前から放置していましたが、収穫することにしました。   1番目の実を成熟させたからなのか、しばらく見なかった新しい実が着いていました。     この実で3つ目。 もう少し欲しいなあ。 



栽培記録終了

2016年の栽培記録

**********************************************************

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  


関連記事

梅漬け中にカビが生えてしまいました

今年で2回目の梅干し作り。  昔ながらの18%塩分濃度で漬けていましたがカビを発生させてしまいました。  前回の記事でカビが発生するとは思いえない と大見得切ったにも関わらず。   これは、前週末の記録です。  

白い綿の様なカビ。  
DSC_2306.jpg
実は10日前からすでにカビが発生していました。  その時は重石替わりのビニール(中身は水)に接している梅の一部がカビた様で、かびた梅を捨て様子を見ていました。  梅酢も透明感があるものの、よく見ると宙に漂う異物があります、きっとカビ。   なので重傷と判断し、インターネットで調べた通り、梅はアルコール洗浄(漬け置き2hr)したのち天日消毒(2hrx裏表)をし、梅酢は煮沸(5分)、 さらに容器も煮沸消毒のあとアルコール洗浄を施しました。  

カビた梅の様子  
DSC_2307.jpg
 まるでふやけたカサブタのように、うっすら白っぽくなってます。    他の梅に比べて、黄色味が黒くくすんでいます。   これは、救命処置せず廃却です。  10個程度捨てました。

天日消毒後 
DSC_2308.jpg
天日で乾燥し皮が白っぽくなる梅が十数個ありました。   1つ前の写真の梅を少し乾燥させるとこうなります  って感じです。  残念ですがこれらも廃却しました。   手前の黄色い綺麗な色の梅が正常な梅の状態です。

カビた原因はかきまぜ不足と思ってます。  18%の塩分濃度ならそうそうカビは生えないはずですが、ビニールに触れていた面や、梅と梅が密着していた面は梅酢が回らず塩分濃度が他より低かったのでしょう。    カメを揺する(かき回す)事が大事と聞いていましたが、意味を理解できました。
この日の天日干しはあくまでも殺菌が目的です。   煮沸した梅酢に一旦戻して、土用干しはもう少し天気が安定してからにします。

***************************************************************
昨日(7月29日)から干し始めました。   
今日は2日目ですが、予期せぬ大雨が昼間に。。。。  
軒下ですが濡れたかも。    詳細は後日。。。  
***************************************************************

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 


関連記事

インゲンの栽培 2015

インゲンの栽培。  金時(豆狙い)とモロッコ(もちろん莢狙い)を栽培します。

リンク : 各野菜の栽培記録

******************************************************************
金時インゲン

4月25日 播種
金時豆 種蒔き 金時豆 種蒔き場所
深く考えずに決めた栽培箇所。 少し狭い目の条間・株間(各適当)で14か所に播種。 種は一袋に23粒あったので、1か所1粒と2粒の所があります。 蒔き穴はジョウロで潅水した時にできる窪みを利用。 約2cmの播種深さです。

元肥は化成(14-14-14)を30g/m2入れています。

6月04日 播種後40日
金時いんげん 金時いんげんの開花
なぜか、右の列だけ発芽が遅れ、生育に差が出ています。 つるなしなので、上に大きく伸びる事はないですが、支柱を添えてやると良いとの事で挿してますが、あまり役立ってないようです。 挿し直したり、無理矢理絡ませたりしておきましたが、効果はイマイチでした。 で、すでに開花しています。 豆科なので肥料を抑えていましたが、花が咲いたので少し追肥しておきました。 よくよく見ると小豆と同じような感じ、当然といえば当然ですね。   


金時インゲン 2015.6.146月14日  播種後50日
前回から10日、すでに小さな莢ができ始めました。  

大豆だと、花の咲くころに水が必要だそうですが、
金時インゲンはどうなんでしょう。

今年はすでに梅雨入りし、
しかも結構頻繁に雨が降ってます。  

吉と出るか凶とでるか。。。




金時  7月1日
葉が黄色くなり始めました。  

アップにしなくても、莢が膨らんでいることが分かります。  

あとは成熟を待つだけ。 

思ったより、結構早く取れそうです。  




金時 収穫間近7月12日

もう少しです。 
 
収穫時期になれば、莢が干からび、カラカラ言うはず。







7月20日
金時インゲン 収穫 金時インゲン 莢の中で発芽
カラカラになってます。 もっと言えば少し黒く変色してきてます。 そしてよく見ると莢の中で発芽が始まってます。 今年の梅雨は本当によく雨が降りました。 それでも1週間前まではカビる事なく大丈夫そうでしたが、莢が枯れてしまうと途端に弱くなるのでしょうか?   

7月26日
金時インゲン 収穫の全部 金時インゲン 収穫良品
それでもまともな豆もあるだろうと株ごと抜き取り軒下で乾燥させてました。 脱粒・選別しましたが、右が収穫の全てです。 明らかに芽が出てしまている豆は莢から外す前に捨てたので、かなり少ない量です。 左が選別後。 主に芽が出てるもの、茶色く腐った色しているものを除きました。 あまりに少ないので色の白っぽいものも良品に含めました。 来年の種にするのが精一杯で、収穫とは言えませんん。 登塾中の雨が失敗の主要因かと。 あと1~2週間収穫時期が後ろに伸びるように栽培すると良かった様に思います。   

金時栽培記録  おしまい

****************************************************************

モロッコインゲン 第一弾

モロッコインゲン 播種5月6日  播種
4か所に2粒づつ播種。   

こちらも元肥は化成30g/m2入れています。

初栽培ですが、うまくいけば4株で相当取れるはず。

一度にたくさん蒔かずに、2回に分けて栽培します。  





インゲン発芽5月15日  播種9日目  発芽

まだまだ豆類の発芽には温度が気温が低いようで、
意外と時間がかかりました。

発芽率も50%、発芽揃いも悪いです。

揃いが悪いのは、播種深さがまちまちなのも原因かも。  

難しいですね。




いんげん(モロッコ) 6月04日 播種後29日
結局 2-1-0-1 と全部で4本しか出ませんでした。

1箇所から2本でた所は間引かない事にしました。

その2本の生育が最も良いです。

競争しているのでしょうか、白菜みたいに。   





インゲン大風にやられる7月1日
台風でもないのに大風が吹いたようです。

支柱が傾いており、
それでなくても低めのネットがより低くなってます。

もっと旺盛に茂ると思っていたのですが、
ネットがスカスカです。

きゅうりネットではなく、
1株1支柱(もしくは竹)の方がよかったかもです。


7月6日   61日目 初収穫
モロッコ収穫時期 インゲン初収穫
莢が大きくなってきました。 あまり硬くならないうちに収穫です。 初収穫のモロッコインゲン、平べったくて如何な物かな~とあまり好印象ではありませんでしたが、食味はGoodでした。 普通のインゲンとは全く違うおいしさ。 病みつきになりそうです。

7月末 収穫終了
週に2回づつ、収穫を続け8回くらい採れたかな? 写真が残っておらずいつまで取れたか確かな情報がありませんが、7月末位に終わったと思う。 結構短い間でしたが、美味しくいただけました。

第一弾終わり

******************************************************************

モロッコインゲン 第二弾

モロッコ第二弾播種6月19日   播種
今回も一か所2粒蒔き。

残った種を全部使い切るために、狭い目に蒔きました。 

第一弾の発芽率が低かったのを気温のせいにして、今回も特に秘策なし。  

播種深さ揃えも適当です。




インゲン第二弾 7月13日
 東側のトウモロコシと南側の第一弾モロッコインゲンとに阻まれちょっと不憫な第二弾。

 もそも7~8か所x2粒づつ播種したのに、
 今回の発芽率は第一弾を下回る約20~30%

 考えられるは、お歯黒の向き。 奥が深い。




終了
結局ロクに世話しなかったからか、大きく育ちませんでした。  第一弾の栽培前に撒いた少ない元肥が草と雨で消費されたのでしょうか?  何にしても、第二弾をうまく栽培するのは難しいですね。

終わり

******************************************************************



リンク : 野菜の栽培記録まとめ


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

関連記事

トマトの水煮

大量に取れて食べきれないトマトは、トマトソースにして保存します。

  

材料とビン
トマトソース材料

密閉できる煮沸消毒に耐えれるガラス瓶。 ホームセンターで1つ100円位で売ってます。
トマトはビンの容積に合わせて準備します。 煮詰め具合で嵩が変わりますが、重さを計っておくと後々の目安になります。 500㏄の瓶ならトマトは500g の2割増し~倍位かな。 ピザソース並みに煮詰めるのであれば3~4倍必要です。



湯むき
トマトの皮 湯むき

もちろんトマトの皮は食べられますが、後々まで解けずに残るので剥いておく方が良いです。

ここでは湯剥きしてますが、そのまま煮込んで皮だけ後から取り除く事もできるので、最近はそうしてます。 その場合は、皮が小さくならないように、トマト半分にしかきりません。 熱が入りトマトが煮崩れてくると皮が浮いてきます。



ビンの煮沸消毒
ビンの煮沸消毒

念のためビンを煮沸消毒しておきます。 トマトを入れてからも煮るので、気休めです。
5分くらい。 もちろん蓋も。



トマトの煮込み
トマトソース加熱開始

トマトを半分に切り煮ます。 湯剥きしてない場合は切り口を下にして水分が出てくるまで弱~中火で。 蓋をして置くと熱の周りが早いです。 私は種とその周りのゼリーも使います。


トマトソース

全体が温まり始めると水分回り始めます。 調子に乗ってトマトをてんこ盛りにして煮始めると溢れます。 ここから好みの濃度になるまで煮詰めます。 水煮の場合でも十分熱が通り殺菌効果が得られる様に水が回ってから10分は煮込みたい。



ビンごと加熱
トマトソース ビン加熱
ある程度煮詰めたら、ビンに移します。 ビンの口が小さく入れにくいです。 お玉とカレースプーンで何とかしてますが、大口の漏斗があればいいのにと毎回思います。 口までたっぶり投入したら蓋を軽く締めて10分、さらに蓋をしっかり締めて30分沸騰した湯の中で加熱します。
  


出来上がり
トマトソース出来上がり

フライパンに満タンありましたが、かなり煮詰めたので900cc 1本に。 少し残った分はタッパーに入れて冷蔵庫。 煮詰めている間にトマトの果肉の中から出てくるのでしょうか、どうしても瓶の中に空気が残りますが、しっかり熱を入れていれば、これでも大丈夫で、常温で1年保存できます。 去年の水煮


完熟トマトでつくった贅沢なソースを1年楽しめます。


リンク
2016年のトマトの水煮



広口の漏斗が売ってました。 小さい口が5㎝位あり使えます。


関連記事

耕耘!

昨日曜のはなし。 

いちごの跡
DSC_2301.jpg
今年はマルチをしていなかったので、収穫後半からすでに草ボーボーでした。   苗どりするとすれば、普段に増して草との戦いに苦戦するところでしたが、病気気味だったことや収量が思わしくないことから、今年は苗どりしないことにしました。   なので草ごと耕運機できれいさっぱりです。    梅雨が明けて台風がさって、ようやく作業ができました。

トンネル栽培跡
DSC_2300.jpg
こちらも、ニンジンを除いてきれいさっぱりさせました。   最後に蒔いたキャベツとホウレンソウが行方不明になってたり、その前に蒔いたキャベツがトウ立ちしたサラダ菜に押されてヒョロヒョロになってたりと、 どうしても(防虫)トンネル内に目が届かずだめにしてしまいました。   トンネルは春先だけですね。   夏の無農薬キャベツ栽培はあきらめます。 (農薬を使うという意味ではありません)

次は何植えよーかな。  と期待が膨らみます。

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

関連記事

暑さ対策

今日は連休最終日、予定通り朝から畑です。 暑い時間を避けて夕方からも。
でも少し(かなり)出遅れ9:00になってました。  既に太陽はピーカンです。

新アイテム
首に巻くやつ
首に巻くタオルに保冷剤が装着できる様になっています。  保冷剤は写真の様に小分けになってつながっていて、合計6個あり、ほぼ首一周を冷やしてくれます。   100均で売ってたらしく、嫁がプレゼントしてくれました。  

人間は首の後ろにを冷やしたり温めたりすると体全体がそう感じるらしいです。  そのためか、普段よりかなり涼しく作業することができた様に思います。    保冷剤が効いている時間は1時間足らずですが、100円と思えば上出来です。    久々に良い買い物(貰い物)です。  保冷剤が切れた後は従来通り水で冷して使えます。 

暑い夏です。 こまめな休息と水分補給は忘れない様にしましょう。  ススホホは朝と夕方の合計4時間の作業で、2Lのお茶を消費しました。  あと麦わら帽子も必需品ですね。


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 
関連記事

海の日でも畑。

今日は久々の畑。  やることいろいろありましたが、暑かったので収穫だけ。   朝は天気が悪く夕方は予定があり、真昼間しか時間がなかったもので。。。

唐辛子と??
唐辛子
手前は唐辛子。   実が上に向かって着いています。 正しいです。   
奥も唐辛子のはず。  実が下向いて着いています。  残念。

去年、ピーマンと一緒に植えたのでどうも混ざった様子。  他の方のブログにもありましたが、混ざるんですね。    半分ほど収穫して食べてみます。   そんでもって「ピー辛子」なのか、「唐マン」なのか確かめてみます。

こちらはピーマン。
ピーマン
こっちは、購入苗なので純血です。   今年もうまく木を大きくすることができました。   今年は枯れるまで収穫を続ける予定です。

今日の収穫1
収穫2015.07.19-1
20株あると、1日空くとトマトがこれだけ取れます。   きゅうりも形が悪いなりに、取れだしました。  

今日の収穫2
収穫2015.07.19-2
第一弾播種分の、第二弾収穫です。    植えた本数に対し収穫した本数が上回りました。  少し小ぶりですが、数で勝負できそうです。


明日は早起きして朝から作業に励むつもり。。。

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 
関連記事

大麦栽培 2014

六条大麦の栽培、2年目です。  

10月25日 種まき
DSC_0520.jpg DSC_0513.jpg
今年の春に収穫した自家採種です。   今年の植え付け場所は畑の西端 10 mx2.5m。 
三角ホーで筋をほり、ぱらまらっと立ったまま麦粒を撒いていきました。   栽培場所の一部は、麦の株間にホウレンソウ他軟弱野菜達を育てています。  麦が大きくなる前に収穫できるだろうと。

種蒔き深さは3cm程度とのことですが、写真の通りかなり適当です。 レーキで土を掛け地面をならして種まき完了。  1週間で発芽するはずです。  


11月8日 播種後2週間 1回目の麦踏
麦踏み後のアップ 麦踏み翌日アップ
左が麦踏直後で、右が1日後。  1日で倒れた麦は起き上がってきます。
種まき後の鎮圧不足だとおもいます、 足跡がはっきり残るほど土がへこんでいます。  霜で浮いてくる土(根)を押し固めるのが麦踏の目的の1つなので、やった甲斐があったというものです。   もう一つの目的として、茎が傷つくことで分げつを促す事があるそうです。  なので、年内に2~3度、年明けて1回くらい踏むと良いそうです。   が、回数にこだわらず草の勢いが戻っていて、土が濡れていなければ、とりあえず踏みつけています。    土が湿った時はNGです。  土が靴底に付き、麦を持ち上げ逆効果になります。  


12月29日 何度目かの麦踏
麦踏み  六条大麦 麦 緑肥
お友達がおばあちゃんちに行ってしまって暇になったらしく、娘が珍しく畑にご同行。    楽しそうな作業を と麦踏みをしてもらいました。   大人なら始めは恐る恐るですが、子供は大胆に軽く飛び跳ねながらしっかり踏んづけてくれていました。  半分だけ踏まずに残して差を比べてみようと考えていましたが、 いつの間にやら全部踏んでいました。  

写真右は西端の栽培場所以外にも大麦を植えた例です。 種は大量にあるので空き地があれば植えるようにしています。  次の作付け前にすき込み緑肥にします。  

4月12日  出穂
大麦の出穂 麦の穂
種蒔き時期が10日ほど遅かったのですが、去年の第一弾の出穂とほぼ同じタイミングです。   肥料を少なめにした為か、少し背が低い気がします。  しかも高さがまちまち。   右から2列目と3列目の間の花はルッコラ。 植えただけで殆ど収穫せずでした。 

実の数は、穂によってまちまちです。  「麦は肥料で作る」と言うそうで、2月ごろに撒く穂肥が大事との事。  一応与えてはいますが、控えめでした(14-14-14 30g/m2)。  

5月9日  黄金色
大麦 全景 大麦 西側から
だいぶと色づいて(色が抜けて)きました。   一面が黄金色と言いたい所ですが、西南角の生え際が青く残っています。  おそらく肥料分が濃かったのでしょう。   「まだまだ生育できる!」 と他より頑張っているようです。

青い麦 黄金色の麦
色の差が穂の大きさにはっきり現れています。   穂の長さ(高さ方向の粒の積層数)が倍ほど違うように見えますし、それだけでなく、1粒1粒が大きい様な気がします。    粒の大きさが違えばお茶の味も違うのかも?    適当ではなくしっかり肥料を与えるべきだったかな。  


5月24日 収穫しようとした日
大麦 穂のアップ カビ? 刈りたての麦わら 既にカビ?すっかり黄金色になったオオムギですが、穂をよく見ると黒くカビていました。   ほぼすべての穂が。  猛毒の毒素を作る赤カビ病というのが有名だそうですが、赤くなっていないので違う様な気がします。   毒素はなくともカビてるだけで、煮出して飲もうという気になれません、よく洗ってカビが取れたとしてもです。   全滅です。

大麦刈り倒しさらに、藁に胞子がついて生き延び、他の作物にも影響を与えかねないらしい。   よく見ると藁の黒ずんだのもカビに見えてしまう。  神経質になってしまってるだけかもしれませんが。
で、収穫しないことにした大麦は、その場で刈り倒し燃やしてしまう事にしました。   からからに乾いている様に見えても、今日まで生きていたものなので簡単に火が付かず、処理は後日。    

以上、オオムギ栽培記録 2014 でした。  収穫0はさすがに堪えます。  2年目の試練ですね。


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

関連記事

新PCと台風11号通過

新しいPCを買いました。  慣れないためか、評判通りなのかWindows8 に苦戦して記事を書けずにいました。  今日から新しいPCでの投稿です。

また、栽培記録に特化すると日々のちょっとしたことが書けなくなりさみしいので、「栽培日記」カテを作りました。  日記といっても毎日更新は難しいです、気まぐれですから。  

さて、少し古い話題ですが、先週木―金に通過した台風11号、各地で被害をもたらしたようです。  ススホホの畑にも小さな被害がありました。 

トウモロコシ
台風一過 トウモロコシ
第二弾のトウモロコシがまた斜めになってしまいました。   でも、この程度だと起き上がってきてくれると信じてます。 実害は無いでしょう。

とまと
台風一過 トマト
端っこのミニトマトの株が倒されていました。  折れてはいないので元に戻しておきました。  なのでこちらも実害は大きくないです。   園芸クリップは簡単ですが強風には弱いですね。 紐で縛るほうが確実です。   でも来年も簡単さを採ると思います。

その他、イチジクの枝が倒されていました。  被害は大きくないけど修復が必要です。
とまとの雨除けは飛ばされず、ほっとしています。

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  
関連記事

キャベツの栽培 2015 春~秋

家庭で使うだけなら、月2個もあれば間に合うキャベツ。 小まめにちょっとずつ栽培して途切れず収穫を狙っているので、作柄が沢山あります。

キャベツ栽培 2014秋
キャベツ栽培 2014越冬

**********************************************************
早春蒔き  6月収穫

1月14日  種蒔き  (ビニールトンネル内に直播き)   
ほうれん草のトンネル栽培 四季蒔きキャベツ 点蒔き
トンネルでのキャベツ栽培は始めてです。  先行して播種したほうれん草が上手く発芽したので、寒さに強いキャベツも挑戦しました。  ビニールが中古品なので、2~3箇所換気穴が開いていますが、裾はきっちり土に埋めて冷気が入らないようにしています。   水を入れたペットボトルを入れておくと昼間の熱を貯めて夜温を稼ぐ事ができるそうですが、していません。  

キャベツは試しなので1箇所のみ。  3粒撒いておきました。   (四季まきキャベツ サカタ )

キャベツ 01.311月31日  発芽確認

2週間以上かかりましたが、何とか発芽したようです。

ビニールの中なので播種後から今まで水遣りしていません。

播種時に鎮圧した指の形に土が湿っているのが分かります。

毛細管現象が起こる為には、鎮圧って大事なのね。



キャベツ苗2月28日 播種後45日
さすがに冬は生育が遅いです。

間引きはもう少し先に延ばします。

この日、ビニールをめくって除草したついでに、
ビニールから防虫ネットに交換しました。


キャベツ

 5月10日
 播種後115日目

 トンネル内に一緒に植えてたほうれん草や小松菜
 
 それらの収穫を終え整理し、除草と追肥をしておきました。 



キャベツ 1月14日種蒔き分 (トンネル内)


5月25日  播種後約130日
そろそろ巻き始めそうです。   

ビニールトンネル→防虫トンネルの中での栽培なので、虫食いは全くなしです。

あと1ヶ月もあれば採れるかな?    
周りの緑は、去年の春ジャガの残り芋からの芽。
前回整理したのに、後から後から芽が出てきます。

キャベツ2015 1月播種分 収穫寸前
6月12日  収穫寸前です。

このあと、6月20日に収穫しました。 
(写真を撮り忘れ)




この作柄の記録はここまでです。


***********************************************************
早春蒔き 第二弾  7月収穫

2月28日 種蒔き
キャベツ・サラダ菜 種蒔き 2号トンネル 換気

トンネル内の温度 2つ目のビニールトンネルを仕立て、直播き。  

周囲にはコンパニオンプランツとしてレタス(サラダ菜)を。

2月末ですが、陽射しが強い日は、締め切ったトンネル内は30度を超えるようです(写真右下、上は地温)。

なのでトンネルの両側を開けておきました。

写真はちょっと空けすぎです。  
3月に入り寒い日が続いたので、後日もう少し閉じ気味に。 


キャベツ 2号トンネル3月31日 播種後31日目
ビニール越しで分かりにくいですが、
本葉が出始めています。

サラダ菜も沢山発芽してきています。
  
この日を最後にビニールトンネルは除去。  

その代わりに、防虫ネットでトンネルにしています。


2号トンネルキャベツとサラダ菜

 4月24日  播種後55日目

 キャベツはあまり大きくなっていませんが、
 サラダ菜が混み合ってきました。 


 収穫を始めます。



キャベツ 2月28日種蒔き分 (トンネル内)

5月25日  播種後 約85日目

コンパニオンプランツとして植えたサラダ菜が順調で、もう随分収穫しましたが、まだまだあります。

左のキャベツは防虫ネットの端っこです。 

サラダ菜収穫のために裾を土に埋めてないので、
左側だけ下葉が虫にやられ、右のキャベツより生育が遅れています。


キャベツ2015 2月播種 収穫時期 7月12日  収穫時期

梅雨で期を逸し、
成長の早かった右側は割れてしまいました。  

左側の玉だけ収穫しました。




この作柄の記録はこれで終了


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  



関連記事
にゅーす
しばらく、畑を休まなければならず、最近更新ができてません。

メンテは続けるつもりです。

留守中のブログ 今日は何にしようかもよろしく。
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------