春じゃがいもの栽培記録 2015

通常の栽培と、挿し木栽培の2つに分けてまとめます。

*******************************************************************************
ジャガイモの種芋 2015春通常栽培

1月18日 種イモ購入

かなり気が早いですが、購入しました。 
十分に時間があるのでなるべく芽の出ていないのを。  なるべく切らずに植えれるものを選びたかったのですが、男爵は分割サイズしかありません。
  
キタアカリ (そのままサイズ 12個 2分割サイズ 3個)  x 2袋 →  36株
メークイン (そのままサイズ 21個 ) x1袋 → 21株
男爵 (2分割が微妙なサイズ~3分割が微妙なサイズまで 全11個) x1袋 → 20株?
一番吟味して選んだキタアカリの2袋が、最も少ない芋数になりそうです。 

2月10日
種芋から芽が出て来たジャガイモ 2015 種芋から芽がでてきたジャガイモ 2015
  段ボール箱で保存していた種イモから芽が出始めました。  保管場所が少し暖かかった様です。 慌てて買っても種イモの数が多い訳でもなく、芽も出てしまうし良い事なしです。   日光にあて緑色の強い芽を作る芽だしとは遠く離れたこの「もやし」の様な芽ですが、これに日光を当てて緑化させてみます。 

芽が出たジャガイモ 02.152月15日 日光催芽開始

毎日の出し入れ(まだ凍害が懸念されます)が面倒なので、室内の日の当たる窓際に放置しました。  

室温は10~15度くらいだと思います。





芽だしジャガイモ 03.013月1日
透明だった芽が緑~黒色になってきました。  

ただ先っぽが凍害を受けたような状態です。  

芽の伸びは止まっているようです。  






ジャガイモの芽アップ 本来の芽だし 03.01
左:上の写真の赤丸の芋のアップです。 1箇所から複数本の芽が出てます。  試しに1本抜いてみると、他の芽に影響なくぽろっと簡単に取れました。  地中から束になって出て来ると、「1本が土の中で分かれなのかな?」 と芽かきで迷いますがが、これが原因の様です。  迷わずかき取って良いです。  
右:芽があまり伸びていなかった芋の芽です。 本来、こうあるべきです。

3月15日  植えつけ
ジャガイモの植溝 ジャガイモ 植え付け間隔
三角ホーで条間60cm位で植え溝を掘りました。 株間は30cm。折れた温度計のケースを目安に。 普段は化成ですが、今年は鶏糞を使う事にしました。  窒素分(約3%)で施用量を計算すると、15kgの約半袋を余らせる事に。  さらに、いざ株間に撒くと予定量(1箇所100g)の半量しか狭くて置けません。  結局1/4袋くらいしか使えずです。  半分を先に土と混ぜて耕耘しておくべきでした。 
種芋 じゃがいも

伸びた白い芽を日光に当てて緑化させてました。   
大きい芋を2~3つに切るのは3日前に行い、切り口も乾いています。

若干、芽が凍害を受けた感じになってます。

少し心配しつつも、そのまま植えました。


じゃがいも 土寄せ後4月5日 
芽が出だしたのは4日前でまだ出そろっていませんが、
少なかった植えつけ時の肥料(鶏糞1.5kg)を追加する意味で、少し早めの土寄せをしました。  


表面の土を掻いたので、草の芽がなくなりきれいになりました。       




4月17日 33日目  さらに鶏糞で追肥 (1.5kg)。
じゃがいも 4月17日 土寄せ
それと土寄せ。  この季節は暖かくなり畑作業の意欲が高まってくる割には、あまりする事が無いので、毎年じゃがいもの土寄せはきっちりやってます。 


春じゃがいも2回目の土寄せ4月30日 46日目 2回目の土寄せ
土がカチカチに乾いていたため、たった2筋ですが結構大変な作業でした。  条間をもう少し広く取っておけば、耕運機でできたのに。  
来年は条間 80cm 空けましょう。   

今回は追肥なし。  

うっすら生え始めていた草も綺麗さっぱり。 満足です。  



6月2日  79日目  試し掘り
じゃがいも全景 じゃがいも試し掘り
葉の色が悪く、病気の様です。  枯れ始めるのは早すぎ、水不足でもなさそう、窒素不足とも思えません。  ちょうど奥に隣の畑のじゃがいもが写っており、葉色の差がはっきりわかります。 
 左列の端のメイクイーン1株を試し掘りしました。  芽3本残しで玉数は十分ですが、肥大はまだまだです。 大きなもので卵より少し小さめの大きさです。 総重量は約650gで、数値的には種芋の約12倍。 病気じゃなければ残り2~3週間のラストスパート肥大が期待できますが、どうなることやら。


6月7日  84日目  試し掘り2回目
じゃがいも 試し掘り病気株 じゃがいも 試し掘り第二弾
今回はあえて病気が進行している株を選びました。   この株は芽を3本残した物ですが、1本はすでに「とろけて」無くなり、のこり2本も無くなりかけ。  もはや株間にしか見えませんが、写真中央部が株の中央部分です。   でも、前回同様600gくらい芋がついていました。   土寄せが過ぎた様で、2回の試し掘りともに、芋はかなり深い部分にありました。  病気との関連は不明です。

じゃがいも 昨年春のこぼれ種芋から1
病気の件
右は昨年春に栽培してた場所から勝手に生えてきた芋です。    

こちらは、いたって健康。  

ずいぶん遅れて生えてきて成長が遅い様で芋は小さめです。




じゃがいも 挿し木栽培株 この株は、挿し木栽培で育てているジャガイモ(左の列)の様子です。  通常栽培(右の列)の横ですが、病気にはなっていない様子。  栽培場所が原因では無さそうです。    また、病気の株と同じ種芋から出て来た芽を使っているので、種芋が原因とも考えにくいです。       

状況証拠として、 久しぶりに使った鶏糞が原因である可能性もあります。
今の所、土寄せもほどほどにしておく事と、鶏糞は避ける   くらいしか対策案として浮かびません。   


6月21日 96日目 収穫
じゃがいも 収穫前 じゃがいも掘り終わり
友人達を呼んで芋ほり大会です。  でも、病気にかかって葉がいじけてたり、とろけてなくなってたりとちょっと恥ずかしい。   途中、雨が降ってきて中断したりしながらも、何とか全部(通常栽培分)を掘り出しました。   
病気のせいで、全体的に芋が小さめで残念な結果です。

おみやげ

ダンボールに詰めたお土産のジャガイモ。
自分の分は、畑でもう少し乾燥させます。
    
全部でペットボトル飲料が入ってた小さいダンボール6箱強くらいでした。  

正確な重量は量れていません。



通常栽培の記録 終わり


*******************************************************************************

挿し木栽培
昨年の秋ジャガで試した挿し木栽培を本格的? に挑戦しています。

4月12日
春じゃがいもの様子 4月12日 芽掻き
写真左:左手前約3mのスペースに、芽掻きした株を挿し木の様に植えていきます。 
写真右:芽掻き前の株です。 芽が束になって生えてきていますが、これら1本1本は別々の芽です。 以前なら、地下で繋がっているのでは?と不安でしたが、今年の過度な芽だしのお陰で別々の芽だと分かりました。 なるべくそっと抜いて、出来るだけ沢山の根を付けた状態で掻きとります。
じゃがいもの挿し木栽培 じゃがいもの挿し木栽培
とは言うものの、根は申し訳程度にしか残っていません。  この芽を10cm間隔でV字に掘った溝に並べ、枯れてしまわない様に少し葉が隠れる位の大目に土を被せて植えつけ完了。   

4月18日  挿し木が根付き、第二弾を
根付いた挿し木じゃがいも じゃがいも挿し木 第二弾
左:第一弾の挿し木した株です。 葉が大きくなり、土からしっかり顔を出してます。  
右:新たに芽掻きした株も、第二弾として並べておきました。 

挿し木栽培じゃがいも4月30日 
2回目に挿し木した株も上手く着活したようです。

一つも枯れた株はありません。

意外とジャガイモの芽って強いのかもしれません。 

化成を追肥して軽く土寄せしておきました(写真は作業前)。



6月25日
じゃがいも 挿し木栽培収穫 じゃがいも 挿し木栽培収穫
株が小さい分だけ地面に日が当たるから、通常のジャガイモより雑草が生えやすいみたいです。   この挿し木栽培の株も、結局は病気に感染してしまいました。  
じゃがいも 挿し木栽培収穫 じゃがいも 挿し木栽培収穫
左は、1本の株毎の取れ高です。   昨年秋の挿し木栽培では1株1つでしたが、今回は複数の芋が成りました。 右が全収穫量です。 約3.6kg ありました。   単位面積当たりの収量は通常栽培の半分以下ですが、間引いた芽からこれだけ採れるのなら真剣にやる価値ありです。  場所に余裕があるのなら。

終わり。   

********************************************************************************

   


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

関連記事

人参栽培記録 2015 02-06 

早春のトンネル内に播種し発芽させ、6月に収穫する作柄の記録です。


栽培スケジュール
栽培スケジュール 人参 初夏採り


2月7日 播種
ビニールトンネル 蒔く種一覧
収穫の早い軟弱葉物と一緒に、トンネル内に播種しました。  播種する1週間前くらいにトンネルを設置し(元肥もすませ)、地温をあげておきました。   一番成長の遅い人参を畝中央に配置。  JA西春日井さんHPで知りました。  寒さのもっとも厳しい時期です。 トンネルはしばらくはほぼ完全密封で保温命です。

トンネルの中3月19日播種後 40日

発芽時期は見落としてます。 
1か月以上たってようやく本葉が出はじめました。  
2月末頃からトンネルの裾を一部開けて喚起し始めています。

日差しが強くなってきたので晴天の日は日中のトンネル内温度が30度になってました。
同じトンネル内で育てたキャベツの栽培2015 春~秋参考 


6月13日 播種後126日  収穫開始
人参 2015.06.13 人参 2015.06.13人参がそろそろ収穫時期なんでしょうか?  ずーっと、ほったらかしでしたが、外葉がぐったり倒れてきてます。   雨が激しかったからかな?  でも、抜いてい見ると未だ早い見たいです。  小さい上に、形がいびつです。  でも夏は日持ちしないだろうから、使える分だけ収穫を始めます。 


6月23日 播種後136日
にんじん にんじん
相変わらず、外葉が倒れています。 枯れるわけでもないので、雨に強く打たれただけかな?  色合いが黄味かかってるのは、写真の性だと思います。   混み合った所から抜いたので、全部小さめ。 今更間引きしても肥大が進まないので、大きそうな所から抜くべきでした。 

7月10日 播種後153日目 収穫限界
DSC_2216.jpg 収穫 0710
気づけばこうなってました。  これ以上おいておけないので全部掘り出しましたが、約半分が避けてました。 置きすぎです。 

記録終わり。 (2015.08再編集)

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  



関連記事

保存中の小豆に虫が湧いていました

今日は久々の良い天気だったので、昨日堀り残した挿し木栽培のじゃがいもを掘り出す予定でしたが、夕方からの豪雨で予定変更。  今年の梅雨はしっかり雨が降りますなー。

そんな日は此。
若戎
若戎は伊賀の地酒です。  なかなか良い味。    でもこの中身は酒ではなく昨年収穫した小豆です。   今日は久々に小豆を炊いてあんこでも作ろうかなと。  が。。

虫湧いてます。
保存中のあずきに付く虫
小豆がなんか粉っぽく汚れており、そして黒い不純物がいっぱいです。  よく見るとその黒いのはどうやら虫。  「まめぞうむし」と言う保存中の豆にわく虫の様です。   しかも生きているし。  たくさんいるし。   畑で見ると大した事ないですが、室内で多量の虫はちょっと引きます。

アップ   
マメゾウムシ
私の携帯カメラではこれが限界。  「まめぞうむし・画像」で検索すると鮮明な写真が見れると思います。

対策方法などもネットに書いていましたが、保存中の小豆を食料・産卵場所として何世代にも増えてた様子。  水洗いして成虫を取り除いても、卵が付着(進入?)している豆がほとんどでは? と考えると残念ながら廃棄です。


DSC_0482.jpg
これは、おそらくメイガの食害跡です(選別時撮影)。   これよりもっと小さい直径2mmくらいの半球状の食害跡(写真なし)は、ゾウムシの幼虫が豆の中から出て来た脱出跡だそうです。    そんな豆は収穫後の選別時に多々ありました。    だとすると、栽培中から産卵されており、卵の入った豆が保存容器入りしたのでしょう。   卵の殺虫方法が知りたいですが、それは不明。    だれか教えてください。

ことしはこの理由とは別に小豆は栽培しません。  その変わりに金時豆。   ゾウムシは豆毎に対応する種類が居るようで保存には注意が必要とのこと。  肝に銘じておきます。   が殺卵方法をしりたい。。。


菜園の栽培記録一覧


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

関連記事

梅干を仕込みました

昨年から梅干作りをはじめています。     
昨年はスーパーの梅、今年は嫁実家の庭の物です。   そういえば嫁実家には梅の木があったねえ、興味がない時は目にも留めてなかったですが、南高梅だそうで、この上なしです。

材料
梅干材料
梅1.5kg  塩270g  梅酢100cc。
塩分18%。   今年は昨年の梅酢(梅干しを漬けた時にできる漬け液)が残っているのでこれを使えます。   梅と塩だけでもできますが、梅酢があると梅酢の上がりが早く、失敗しにくくなるそうです。  


漬け込み
梅干 漬け始め 2015.06.13
プロセスは全てすっ飛ばしています。     見ての通り、塩18%はかなりたっぷりです。   昨年冬に3%で漬けてた白菜の感覚からすると、どうしても間違っているのでは? と何度も確認してしまいました。     これだけ塩を使っていると絶対失敗しそうに見えませんが、梅と容器はホワイトリカーで殺菌しています。

18%で漬けた梅干しは塩辛くて、食べる前に塩抜きが必要です。   が、常温で何年でも保存できるとの事、素人には安心ですね。

実はここまでは昨日の作業。  下記は本日の追加作業です。

残り2kg
梅干 追熟
梅は6kg頂いています。   綺麗な物だけより分けて使い、青みが残ってたのをさらにもう1日追熟させてました。  完熟はもう少し赤くなるそうですが待てません。   

漬け込み
梅干 漬け始め 2015.06.14
また、全てのプロセスを吹っ飛ばしてます。   昨日の梅の上から追加しています。  昨日の梅からは既に梅酢が上がり始めていました。  今回追加したぶんも2~3日で梅酢につかりそうです。    

ちなみに、重しはビニール袋に入れた水。  梅の半分くらいの重さが適量だそうです。
このまま土用干しまで置いておきます。  こまめに、カビチェックしながら。    こんなに塩があればカビ生えてくると思えませんが。。  

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

      
関連記事

トウ立ちした玉ねぎも、できる限り置いておくほうが良い

忙しさとで更新が滞ってます。   また雨で畑作業が出来ていません。
今日は、先日収穫を終えた玉ねぎの、トウ立ちした株はどうするべきか? の続きです。


5月21日  トウ立ちした2本     左の株を6月2日まで育てた結果
トウ立ち玉ねぎ トウ立ちした玉
赤丸をつけた2つトウ立ちした玉ねぎののうち、左の株を6月2日まで置いておきました。
少しですが、大きくなっているのが分かります。


5月21日                6月2日
トウ立ち玉ねぎの縦断面 たまねぎのトウ
6月2日分は、玉もふっくらしている事がよく分かります。 5月21日の時点では、こっちの方が小さかったのに。

トウ(芯)の太さはそれほど変わっていません。
なので、置いておいた方が玉が膨らむ分だけお得と言う事になりますね。


分解
玉ねぎのトウ
玉に対して、芯はそれほど大きくありません。
芯と一緒に取れた中の塊は、ちゃんと玉ねぎとして食べられます。

結論として、
  トウ立ちしてもそのまま他の株が収穫できるようになるまで放置
これが正しいようです。


新玉はスライスして生で。   自動かき混ぜ鍋で飴色玉ねぎを大量に
      
関連記事

エンドウ 2014

エンドウの栽培記録です。

11月8日  種まき
エンドウの種蒔き エンドウの霜よけ
ツタンカーメンエンドウ (2014)。   頂き物の種です。   15cm間隔位に穴を掘って直播しましたが、種が30粒位しかなく1か所2粒と1粒の所があります。    藁がないので、えびす草の茎を立てかけておきました。   スカスカで霜除け効果は疑問大ですが、ツルが捕まる事ができるので風に煽られるのには、有効でしょう。 

エンドウの越冬21月12日  越冬中

葉が紫色かかってます。 

豆の色の特徴が、すでに葉に表れているようです。







2月28日
エンドウ エンドウ
エンドウ もう雪も降らないだろうと、エンドウも春仕様に。
雪・霜除けにと立てかけた えびす草の枯れ枝の大部分を取り除きました。  これで日当たりも良くなります。

今年は雪がほとんど積もらなかったので、効果の程は不明です。

霜除け効果もよくわかりませんでした。

ここ1週間で急に成長を始めたようで、草丈が約20cm位になってきました。


エンドウ 3月21日3月21日

目覚めだした頃? 明らかに成長しています。 
  
エンドウの回りの青々としているのは大麦です。

もう少し大きくなったら、
刈り取ってエンドウの根元に敷きます。





エンドウ 4月5日4月5日

はっきりと成長しだした事が分かりだした、
春を感じさせる頃です。









エンドウの花 4月17日4月17日


1番花が咲きました。








エンドウ 4月29日4月29日

莢が出始め。

背丈はまだまだ小さいです。








エンドウの実 5月15日5月15日
一部の莢が膨らんできています。

1つ2つ収穫しても仕方が無いので待ちです。

若い莢は紫色ですが、膨らむと色が薄くなるようです。

色素の量は一定なのね。 

(後日注:紫色が薄くなり始める頃が収穫適期だそうです。 どうりで固かった分けです。)


5月20日 初収穫
ツタンカーメンエンドウ エンドウの実入り
莢はまだ膨らみ切った感じではない気がしましたが、開けてみると実はパンパンでした。  実は緑色ですね。     豆ご飯にすると、炊いた翌日に色がでてくるとか。。。。   明日は豆ご飯。    

6月8日  最後の収穫
エンドウ エンドウ、最後の収穫
  実を採るエンドウは、株の疲れも激しいのでしょう、昨年のスナップエンドウと比べて収穫期間・数量がかなり少ない感じでした。  (後日注:全体的に採り遅れていたのも消耗を激しくさせたのでしょう)   茶色いのは、来年の種用として念のため採っておきます。    雨が上がったら即刻撤収できるように、根元を抜いておきました。

2014年の栽培記録終わり。


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  



関連記事

ニンニク栽培記録 2014

通常の種にんにくに加え、今年はむかごからの栽培もトライです。 
一年でニンニク一片程度に生長するらしいです。  通常のニンニクを収穫するまでに2年掛かることになりますが、スペースがあれば面白いかなと。 

9月21日   植えつけ
ninnniku_2014.09.21 ninniku_2014.09.21_2
むかごと言っても、ニンニクの周りや茎の中、ニンニクの芽の先のふくらみの中にある例のアレです。   ムカゴと呼ぶのは分かりませんが、ニンニクを作ったことのある人ならみな知っている、ムカゴみたいなやつです。  今年収穫した20個を植えつけます。
条間20cmで、種にんにくは株間10cm、むかごは5cm間隔で植えつけました。


DSC_0356.jpg10月08日

発芽率が50%くらい。  

今年はマルチなしなので、芽が穴からずれてるのをチェックする必要もなく放置してたので、もうこんなに!という印象です。  

芽が少しヒョロっと細長い様な気がします。  





ニンニク発芽率11月06日 48日目

蒔き溝は畝に垂直に作ってます。  
向う6列が種ニンニクで一番手前の1列がムカゴにんにくの列です。 

種にんにくは発芽率95%位、優秀です。  

ムカゴにんにくも8割くらい発芽しています。   

いまだ葉が細くひょろひょろですが、根を張らせるために、追肥はしません。



6月07日 収穫(撤収)
ニンニク収穫時期 ニンニク収穫
どうも病気の様で、葉がどんどん枯れていきます。  どうすることもできず放置していましたが、撤収です。  むかごから育てたニンニクはそれなりに大きくなっていました。 1片できると聞いていたのに、2~3片あります。  ただし1片が小さいので種ニンニクにできるかどうか???  いずれにせよ、病気がひどい今年のにんにくを種にできないので関係ないですけど。
 

2015年 ニンニク栽培の記録



ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

 
関連記事

畑の様子 2015.06

月頭恒例、畑の様子。

西側
畑の様子 2015.06 西側
左奥  大麦が全滅。 残念でした。  おおかた焼き払いましたが、未だ一部残ってます。  後作の為に作業が急がれます。
中央手前  中晩生玉ねぎ、トウ立ちと病気で心配されましたが、まずまずの肥大。
中央奥    見えにくいですが、ニンニクが病気。  今年はどこもそのようですね。
中央左  イチゴ、 ちょっとしか収穫できませんでした。  病気のせいかなあ?
中央右 はと麦が2列、青々と元気に育っています。 

東側
畑の様子 2015.06 東側
右 ツタンカーメンエンドウは終盤。 採れだすの遅かったのに、終わるの早や! 
エンドウの隣はごぼう。  まだ本葉2枚程度で存在感はなし。 
エンドウ手前のキュウリ・ズッキーニ、 中央防虫ネット左側のスイカも、まだまだ小さい。    

6月だというのに作物がまだまだ小さく、畑に見た目のインパクトがありませんね。  
空き場所も一杯あります。  しかたないことですが。。。


ここからは、数種の作物にフォーカスを当てていきます。

サラダ菜
サラダ菜のトウ立ち
キャベツと混植していたサラダ菜、最近巻き始めたと思ったら、一気にトウ立ちしてきました。  サラダ菜もトウ立ちするんですね。  

ムカゴから発芽した山芋の芽
ムカゴから発芽した山芋の芽
発芽率50%位でしょうか。 上出来です。  
支柱が沢山いるので、竹の枝を使ってます。  

オクラ 赤                      オクラ 青
オクラ 赤 オクラ 青
一向に記事にされないオクラ。 こんな所に登場するから、単独記事にならないよ。
赤オクラは、茎も赤いのね。  そもそも、赤オクラってなに?   
なぜか葉が縮み気味。   雨不足か?

人参
人参
トンネル2号に2月に播種たもの。  ほうれん草とべんり菜の間でひっそりとしてたのが、大きくなってきてました。  根は親指くらいの太さになってました。  もうすぐです。 

ブルーベリー
ブルーベリー
実が青くなってきました。  でも、実が少なくなっているような。。。   鳥が食べに来ているのかもしれませんが、ネットするほどの量でもないので、どうしようかなー。  面倒だけど、餌場と思われると困るしなー。 


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

関連記事
にゅーす
復活です。

ただ、この冬の栽培は限定的。

プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
畑のレイアウト 2017秋冬

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------


-------------------------------