えん麦の種採種と、ソルゴーの種蒔き

トマトの横のえん麦。   前作のブロッコリーと混植していたもので、端に植わってたのを残していた分です。   穂が熟して来たので種を採ってそろそろ刈り取りです。

緑色がうっすら黄色くなってきています。
えん麦
トマトより背が高いので、日当たりのためにも刈り取り頃 

穂のアップ
えん麦 採種
どれくらいで完熟か良く分かりません。  が、たぶんこれくらいで種として使える。。。と思います。   大麦とかはと麦とか、緑の未熟な実もこぼすと生えてくるような感覚を持ってます。

黄色が濃い2mほど刈り取りました。  残りは後日。
えん麦播種

えん麦 採種
それでも、これだけの種が取れました。    うーん、かなり緑色ですね。
刈り取った場所には早速ソルゴーの種を蒔いておきました。  

里芋の畝横にも、ソルゴーを
ソルゴー播種
敷き藁現地調達用。   軽く土寄せをしておき両サイドに溝を掘り種蒔きです。  梅雨明けと同時にどんどん刈り取って使っていきます。  里芋栽培の記録にその後の様子を記録しています。

今年は麦藁が手に入らなかったので、緑肥をどんどん育てて、敷き藁材を確保します。
ちなみに、えん麦やソルゴーその他緑肥植物は、野口種苗さんが沢山取り扱ってます。 







ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

関連記事

色々な芽  2015.05

多岐にわたる夏野菜の品種、カテゴリー毎に記事を作ってられない。。。  のでまとめて記録。  今日は、「芽」。
種蒔き時期が違うので、芽と言っても大きさ色々、本日時点での状況です。  

コリアンダー
コリアンダー
本葉が既にコリアンダー。   試しに1枚食べてみるとすでにコリアンダー。  
当たり前ですが。

ゴボウ
ゴボウ
結局発芽率50%どまり。   追加播種検討中。

オクラ(赤)
オクラ
すでに虫食い。 雨が少なく生育悪い。

里芋
里芋
すでに1箇所から2本の芽がでてます。    親芋?

山芋(ムカゴから)
山芋(むかご)
現在の発芽率約25%。    

生姜
生姜
まだ半数以下の発芽。   里芋に合わせてビニールを除去したので、発芽が遅れている気がする。   里芋と混植するなら、芽出しで発芽時期をそろえる工夫が必要か?  

なた豆
なた豆

シソ(1回目播種分)
シソ
一向に芽がでないので、あきらめて2回目の播種をしたのに、1回目の分から芽が出てきてました。

シソ(2回目播種分)
シソ
こちらも発芽を確認。  小まめな水遣りが功を奏した模様。  

以上、取り留めも無い記録でした。    
土がカラカラです。  そろそろ雨が欲しいよー

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

関連記事

園芸クリップを新調しました

トマトを支柱にくくり付ける方法、どうしていますか?

以前は麻ひもで8の字でくくりつけていましたが、栽培する株数が増えてくると面倒な作業で、また栽培が終わって始末するときも、結構手間でした。    なので最近は園芸用のクリップを使っています。  今日はそれを新調した話。

愛農 園芸クリップ大  50個入り 900円弱
園芸クリップ
20本入りは300円弱。  割安なので50個セットを買いました。  21株あるトマトには50本で足りませんがとりあえず1袋。

右上のクリップが「愛農 園芸クリップ大」で、下の2つが100円均一のクリップ。  100均の物は、それぞれ10個入り(計20個)で100円と割安ですが、小さい方はトマトに使うのは無理があります。    また、大きい方も茎が通る部分が円形でないので、太い茎には以外と使いにくいです。 

100均クリップ小
園芸クリップ 100均品小
無理があると言いつつ、実は使っていました。   昨年使って保管しておいた100均の大きい方が見当たらなかったので、 去年は使わずにいた小さい方をとりあえず的に。     一番先端の細い部分には使えます。  しかし本来こんな所に付けたら駄目でしょう。  成長に伴いすぐに窮屈になります。     

クリップの跡
クリップの後が付いたトマトの茎
ほれ、この通り。  すぐにクリップの跡が付いてしまいます。   100均クリップ小は、トマト以外の用途に使いましょう。

ちなみに、愛農 園芸クリップ小 は100個入りで同じ900円弱。   こちらは小でも、100均の物より太い茎に対応できそう。  クリップ小の適用支柱サイズは、φ10mmまでと書いてありましたが、 100均クリップ小でもφ16mmの支柱で使えていたので、たぶん問題なく使えると思います。    でも残念ながら100個入りお得パックは品切れ。 また後日購入しようと思ってます。     



ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  


関連記事

種蒔きいろいろ

当ブログでは、品目毎にカテゴリー分けをしています。   しかし色々な種を一度に蒔いた場合、品目毎に記事を分けず代表的な品目のカテに振り分けていたので、本来のカテでない品目の種蒔き時期を見返そうとしてもなかなか探し出せない事がありました。  なので「種蒔き」カテを新設し、複数品種の種蒔きを時期にする時はここに分類する事にしました。  品目カテ・種蒔きカテのどちらかを探せば、見つかる算段です。 

で、早速昨日色々蒔いた記録です。  過去のも追々、カテ分類見直します。

夏の葉物野菜の種蒔き
夏の葉物野菜種蒔き
十分に暖かくなってからでないと難しい3種の葉物野菜と、韓国唐辛子の種を2号ポットに種蒔きしました。     3種の葉物野菜は、昨年初購入し栽培トライしたのですが上手くいかず、リベンジです。

韓国唐辛子は、栽培は上手くいくのですが、乾燥に成功したことがありません。   失敗の原因を、気温の高い時期に収穫・乾燥したことによる腐敗 であると過程し、収穫時期を遅らせる狙いで、今この時期の種蒔きです。  いつもGWに購入苗から育ててた事から考えると、約1ヶ月くらい収穫時期が遅らせられると考えてます。  場所が許せば、もう1ヶ月遅らせてもう一度播種するつもりです。   種は昨年の自家採種。  


シソの種蒔き
シソ種蒔き
GW中に種蒔き(直播き)したのですが、発芽せず、これまたリベンジです。 
シソは発芽に1週間くらい掛かるそうですが、当時は雨が少なく、発芽まで湿気を保てなかったのが失敗の理由と考えてます。     今回は小まめな水遣りを心がけます。
また、播種深さを約 5mmと 0mmの2層に蒔きました。 また数でも勝負という事で、一箇所50粒くらいは蒔きました。  発芽してくれると信じてます。

べんり菜と小蕪と人参
ベンリ菜・人参・小蕪 種蒔き
人参は、伊賀を寒冷地と解釈しての5月播種 9月収穫(種袋裏書通り)狙い。   この時期に採れると、自給率アップに貢献します。    

べんり菜と小蕪はにぎやかし。   虫が付いて大変そうですが、これも種袋によると周年採れるとあるし、いつも色々採れるとうれしいので。  ちなみに、一番奥の種袋はビタミン菜ですが、ベンリ菜と変わらんと思っておもって小蕪に替えました。

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

関連記事

自家製トマトの水煮の瓶詰めで、ピザソースを作りました。

週末です。   何かしたくてうずうず。  料理することにしました (昨晩)。 
 
昨年採れたトマトを、ビンに詰めて保存しておいた物が未だ使われず残ってます。 
それを使いピザソースを作りです。   

夏前に、ピンを空けておく必要があるので、調度良い思いつき!

900ccのビンはホームセンターで98円。
自家製トマトの水煮 瓶詰め保管
水煮の作り方は適当にHPを参照してください。   
面倒ですが、ビンを煮沸消毒したり、瓶詰めした丸ごと茹で上げることで、常温で1年は持つそうです。 

でも、初めてなのでドキドキ。   

開封
トマトの水煮
ちょっと不安でしたが、味見しても痛んでいる様子もなく、何ら問題無しでした。   
 
皮を剥いたトマトをそのまま瓶に詰めてビンごと茹で上げた水煮ですが、
ピザソースやパスタソースに使うのであればもっと煮詰めて水分を飛ばしてから保存すると効率的ですね。


ピザソース トマト以外の材料
ピザソースに加える材料
レシピは適当。    残念ながら、玉ねぎ以外は購入品です。   
マッシュルームなんて洒落た物は有るはずも無く、椎茸で代用。  

あと仕上げに乾燥パセリとバジル。


まずは炒めるそうです。
ピザソース 料理開始
水煮をフライパンに空けてしまったので、2つ使う羽目に。 折角なのでトマトも温めておきます。 
ちょっと料理人の様です。  

煮詰める前
ビザソース 煮詰める前
煮詰めた後
ピザソース 完成
ちょっと追加具材が多かったか?   でも、具がごろごろしているのは家庭料理っぽくて良いです。
蓋を閉めて水分が飛びすぎるのを防ぎながら、約1時間半ほど煮込みました。   
大きく乱暴に切った具もとろとろです。   

瓶に詰めて完成
ピザソース 瓶詰め
350ccの瓶には入りきりませんでした。    それでも約半分のサイズに。  
加えた具を考えると、かなり嵩が減りました。   一度に使い切れないので、保存は冷蔵庫で。   

自家製の完熟トマトなので、煮詰めるだけで濃厚なおいしいソースになりました。
今年はトマトの栽培を昨年の倍の20株にする予定。    瓶が大量に必要になりそうです。


リンク
2015年のトマトの水煮 仕込み
2016年のトマトの水煮 仕込み


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  



関連記事

トウ立ちしたゴボウの料理

先日、トウ立ちしたゴボウの収穫の記事を書きました。 今日はその料理の話。


結論から言えば、トウ立ちしたゴボウは普通には食べられません。 なにも知らず料理をしましたが、人参と同じでトウ立ちすると芯が硬くなり、切るのが大変でした。 やはり無理かな~と思いつつ、きんぴらゴボウを作っていざ試食してみると、硬い芯はまるでアイスキャンディーの棒です。 意地汚い子供の頃、繊維がぼろぼろになるまで噛みしゃぶっていたあの感触、そう、もはや木です。


食べられないとなると、まだまだ収穫していない沢山の株が堆肥箱行きです。 硬いのは芯だけで周りはやらかそうだし、トウ立ちしていない株もあるので全部掘り出しました。 若くて食べられそうなやつは食べるとして、トウがしっかり立ったものは調査研究の対象です。 玉ねぎの時みたいに。


トウたちしたゴボウと               その芯       
トウ立ちしたゴボウ
根だけ見ると太くて立派。   が、しっかり芯が入っていてがちがちです。  調べてみると、トウ立ちすると2m近くに地上部が成長するようで、それを支えるためにも硬くなる必要があるのでしょう。  結構先端まで硬い芯が通っています。  ただ、回りの皮の部分は比較的柔らかそうです。



若いゴボウ    こいつだけは、なぜか耕盤を突き破った。 長い。
若いゴボウ
これはトウ立ちしていません。 なので、ゴボウはくねくね曲げる事ができます。 今になって、これも割って観察すればよかったと後悔(すでに調理済み)。 



再び料理
トウ立ちしたゴボウ
要は、硬くなった部分を使わなければ良いのだろうと、周りの皮の部分のみを剥ぎました(写真左)。 剥いだ皮は不細工ですが、手で簡単に剥ぐ事ができました。

ささがきしてみました(右)。 硬い芯の部分は包丁が入らず、皮の部分のみをささがきする事ができました。 ひょっとすると「ささがき」というきり方は、芯が出来てしまったゴボウの硬い部分を除いて料理するための切り方なのでは? と思うくらいに。
     
いずれの方法にせよ、硬い芯と周りの柔らかい部分は簡単に分ける事ができます。 真ん中の2本が残った芯です。

そう、前回は硬い芯と格闘しながら、普通の千切りにしました。 ささがきって結構難しいですから。

で、芯を除いた部分のみで再び料理すると、食べる事ができました。 十分飲み込めるレベルです。 硬い部分がどうしても入ってしまったり、若いゴボウも硬くなり始めていたのか強めの歯ごたえだったりと、腸に良さそうな感じです。 自分が作った料理(野菜)でなければ、文句の1つも出てしまいそうですが。。


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

関連記事

トンネル栽培の末路

1月に設置したトンネル1号、 発芽から生育初期まではよかったのですが、ビニールを外すのが早かった為、結果的には失敗。   結局、何一つ収穫できていません。

トウ立ちした水菜とほうれん草
ほうれん草水菜 トウ立ち
ほうれん草も水菜も、ビニールを外すと同時に成長がほぼ止まり、収穫サイズになる前に気づけばトウ立ちしていました。 


蕪 割れ
こちらも生育が止まり、なかなか大きくなりませんでした。  けれどもトウ立ちすることなく見た目は大丈夫だったので、収穫してみたら、根が割れていました。  

表面拡大
蕪 虫食い
さらに表面に無数の食害されたような筋があります。    だめです。。。ちょっと食べる気にはなれませんでした。  調べてみたけど、病名・虫名不明。。  

べんり菜
べんり菜 トウ立ち
こちらもトウ立ちし放題。   種を取ってスプラウトにする利用法をブログで見つけたので、そのまま育て続けていましたが、 先に白菜でトライしていたのが上手くいかず(莢の充実が一度に起こらず、種を集めるのが大変)、栽培終了。  


緑肥と御成り!
耕運
という事でそのまま耕運。   遅まきのキュウリと真夏の葉野菜に場所を譲ります。
たぶん、後々水菜とべんり菜の芽が沢山でてくるんでしょうね。


キャベツ と 取りきれていないほうれん草
キャベツ
トンネル1号の端に1株だけ育てているキャベツ。  これはだけは、順調に育っています。
防虫ネットをめくったついでに追肥をしてやり、収穫を目指します。

真冬にはじめたトンネル栽培は、発芽させることに成功しました。 が、暖かくなりかけてからの温度管理が課題です。  サラリーマン農夫にはちと難しそうですね。  でもたぶん来年もきっとやっちゃうんでしょうね。


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

関連記事

春ごぼうの栽培記録 2014

春ゴボウの栽培は、今回が初。 結果的にはトウ立ちして失敗ですが、記録しておきます。


9月27日 播種  滝野川ごぼう(トーホク 2014)
土を盛って盛って20cmの高畝を作り  条間 30cm 株間 5cm くらいで播種しました。  最終的に10cm間隔にするつもり。 
ゴボウもうまく発芽させるのが難しい部類です。 きちんと丸一日間、タネを湿らせた後に播種しました。 


DSC_0319.jpg10月2日

一斉に発芽を揃わせることは難しいです。
 
2つだけ発芽しました。  

でも5日目で発芽したのはゴボウにしては優秀?  

この後が続けばですが。






ごぼう 2014年12月12月18日

 寒さで葉がとろけてきました。

 バイブル JA西春日井 HP によると、 
 3℃(最低気温?) 以下になると
 葉は枯れてなくなるとの事。

 根は生きてるので、
 春に芽を出すらしいので一安心です。   




ごぼう 3月08日3月8日

暖かくなり、葉が出てき始めました。

春に勢いが出てくる越冬野菜の中で、
一番成長が際立っていました。









3月14日.....................................................................................4月1日
ごぼう 3月14日 ごぼう 4月01日

4月12日
ごぼうの根 ごぼう 4月12日
根はまだまだ細いです。 土をそっと元に戻しておきました。


春ゴボウのトウ立ち5月9日

春になり大きく成長してたのを頼もしく思ってましたが、
良く見るとトウ立ちしている様子。

収穫予定は6月ですが、
トウが立っておいしくなる野菜など無いので急ぎ収穫。





ゴボウ股根 ゴボウ2本目
付け根は2cm近い太さがあり立派でしたが、掘ってみると股根だったり、深さ20cmで耕盤にぶち当たってたり、イマイチです。   前回は耕盤を突き破って伸びてましたが、場所により耕盤の硬さも異なるようです。   

ゴボウは玉ねぎと同様、大きくなり過ぎて越冬すると花芽分化が起こるそうです。   今回播種した 9月27日は種袋裏に書かれた範囲内ですが早めです。   来年は遅めの播種で再挑戦します。   

記録終わり。 (2015.08 再編集)


トウ立ちしたゴボウの食レポは こちらから


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

関連記事

イチゴの収穫が間近です。

一冬を無事に越して、イチゴが実をつけはじめました。

イチゴ畝全景
イチゴ畝全景 2015.05

イチゴの苗
株総数は40個くらいかな?  正確な数は忘れましたが、収穫する度に4人家族1回の朝食分が狙いです。  今年はビニールではなく、麦わらマルチです。 コンパニオンプランツとして、ネギとニンニクを植えています

実の膨らみ
イチゴの実 収穫間近

イチゴの実 収穫間近2
ようやく膨らんできました。  昨年の初収穫が5月9日でしたので平年通り?

イチゴの病気?
いちごの病気
昨年の移植時から気にはなってたのですが、親株の葉に斑点があり、うどんこ病の様な症状。  なるべく綺麗な孫株を移植したのですが、新しく伸びてくる葉が黒く縮れていたりしています。。。

品種は不明ですが、大きな実がなるからと実家から貰ってすでに4年目になるイチゴ、そろそろ株更新の時期かもしれません。

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  




関連記事

畑の様子 2015.05

GWで月頭恒例にしている「畑の様子」を忘れていました。  昨日の記録です。

畑西側
畑の様子 2015.05 西側
(左奥)大麦が黄金色になり始めています。  収穫まであと半月くらいです。
(右手前) 中晩生 玉ねぎ 病気気味で収穫できるか心配。
(中央手前) イチゴ 実が膨らみ始めています。  

畑東側
畑の様子 2015.05 東側
(右)エンドウは収穫開始までもう少しです。
(中央左)トマトの雨避けビニール、未だ設置してません。  支柱の足元の草はえん麦で、前作のブロッコリーと混植していたものを残して種取用。 出穂しているので、もうすぐです。
エンドウとトマトの間には、ゴボウとオクラを蒔いてます。
(手前) 黒い3本柱は、インゲン用のネット。  これも種蒔きしたところです。



暖かくなり、蒔いた種以外の所から勝手に生えてきている芽が沢山あります。
いずれも、昨年のこぼれ種。 ちょっと写真に撮ってみました。

かぼちゃ                      小豆
こぼれ種 カボチャ こぼれ種 小豆
カボチャは、食べ切れずカビが生え始めた玉を今年の1月に土に埋めたもの。
後日耕運した時に玉が破砕されて、芽が出てきたようです。   今年はこれを1本に間引いて育てるつもりです。   去年も生ゴミ堆肥の中から出て来た芽を移植したものから育てたので、ある意味自家採種3代目? 

はと麦                       大麦
こぼれ種 はと麦 こぼれ種 大麦
堆肥箱周辺のはと麦は、自作の千歯こきで脱粒した時にこぼれたものです。

昨年の春作の採り忘れじゃがいも         プリンスメロン?
こぼれ種 じゃがいも こぼれ種 メロン??    
メロンとキュウリの区別がつきませんが、場所的にたぶんメロン。  

場所からしてたぶんキュウリ。        もしかしてケツメイシ? (自信なし)
こぼれ種 キュウリ こぼれ種 ??
     

カエル
かえる
畑を歩き回っていると作物の陰からカエルが飛び出してきました。   かなり焦ってたのでしょう、竹の切り株に潜り込もうとしたのですが、入らなかったようです。    パシャり。

前の田んぼ跡の畑ではよく見ましたが、この畑でカエルを見たのは初めてです。


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

関連記事
にゅーす
しばらく、畑を休まなければならず、最近更新ができてません。

メンテは続けるつもりです。

留守中のブログ 今日は何にしようかもよろしく。
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------