山芋の栽培記録 2016

今年は、昨年ムカゴから栽培した小さな芋を種イモとして栽培します。  (5月09日 更新)

2014年の記録
2015年の記録


3月26日  芽出し開始
4月に入ってからと決めてたのですが、我慢できなくなり予定より約1週間早く芽出し開始しました。
昨年同様、もみ殻と一緒にビニール袋に入れ、さらに段ボールに入れて冷蔵庫上で保存。 もみ殻は軽く湿らせて置き、ビニール袋は封をせず、湿らせた新聞紙を被せてます。 あくまでも気持ち程度。 そんなに気を使わなくても、カラカラにさえしなければ、芽がでてくると思います。



4月16日  植えつけ
既に1週間前から、勢いよく芽がでてきてたので冷蔵庫の上から段ボールを降ろしてました。  
あまり早い植えつけは、芽を痛めるだけだと1週間我慢し、今日植えつけます。   やはり芽出しが早すぎ。 
ここの気温を考えると、4月半ば芽出し開始、5月頭の植え付けで十分だと思います。

芽が出た種イモ 植えつけ
芽が出ていない種イモ
畑にもってって、モミ殻の中かから芽を痛めないように慎重に取り出しました。  

芽が出てたのが16株(上左写真)。  

少しでも芽がでた芋のみを植えつけました
(上右写真)。 

全く芽が出てないのがまだ半分以上あります。
(右写真)これらは再度冷蔵庫の上に戻し、
出来れば芽が出てから植え付けます。

イチョウ芋と短形自然薯が混ざっていますが、特に気に留めず植えつけてます。


5月03日  植えつけ2
山芋 植えつけ2山芋の支柱
前回、芽が出てなかった種イモを植えつけました。 今日まで再度冷蔵庫上で芽出しさせていましたが、目出った変化はなし。 先端の細い部分が乾燥していて、折って見ると右写真の様にコルク化していました。 芽が出ないはずです。 でも、芋を植えておけば、何処かから芽が出てくるんだろうと、そのまま植えつけました。

山芋のツルを伸ばすための支柱、竹で作ろうとしましたが数が多いので断念。 園芸支柱 16mm x 2400mm を20本追加購入し仕立てました。 思わぬ出費4000円也。 全部竹で作るつもりで、調子に乗って合掌の梁部分を高く設置したので、2100mm支柱では届かなくなった次第です。 2400mmでもギリギリ。 地中には5cmくらいしか埋まってません。   
      
6月05日
山芋  山芋 芽が枯れた?
芽がきちんと出て、先に植えた方はすでに支柱の先端までツルが達し、葉が展開しています。 ただ、成長途中でツルが枯れてしまったもの半数あります(右写真)。 また写真には残していませんが、芽出し失敗した後から植えた方は、未だ2か所ほどしか芽が出てません。 あれだけ植えたのに、10か所程度しか育ってないという事。 まあ、種イモ代が0円なので、傷みは少ないんですけど。 もちろん、未だ芽が出て来ないとあきらめたわけではなく、少し期待を残してます。


山芋栽培地7月17日
半月ほど畑を留守にしてたので、草ぼうぼう。

半面、ツルの茂りはいまいち。









8月22・31日
山芋栽培 8月 山芋ムカゴ 8月
世間の山芋のつるは濃い緑で、支柱が見えなくなるくらい茂ってるのに、うちのはスカスカ。
それでも、ムカゴが出てきました。 去年はなぜか発生しなかったんで、助かります
なぜ、出たり出なかったりするのかは不明。


10月10日 収穫
山芋収穫 山芋収穫
先に植えた半分だけ、ツルが枯れたので収穫しました。

以外と深いところに芋ができてました。  もっと浅めに植え付けてもいいのかな?
すごく短いのに、掘った深さはかなりのものです。

すべて500g以下?かな? 半分で20本近くあったはずですが、ツルが出てきてすぐ枯れたのもあったんで、9本だけ。
来年の種イモにする部分を残そうとすると、食べられる部分はすごく小さい。 なんなら、そのまま植えても。 と思わせるサイズ。   
残念な結果です。 残り半分に期待。 できませんけど。


年末
結局、掘り残した残り半分はそのまま掘り出さずに居ました。 いろいろあって。
翌年、もう一年育てると、さらに大きくなるとの事、それもよしかと。


2016年の山芋の栽培記録終了。










ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  



生姜の栽培記録 2016

今年は、生姜の栽培規模を倍増です。
今年はきちんと管理(追肥・乾燥防止)して、大きな生姜を収穫するぞー!


2015年の記録


3月26日  種生姜購入  芽出し開始
種生姜 800g
種生姜が出回る3月終わり頃に即購入。
昨年と同様に冷蔵庫の上で芽出しを開始。  

もっと沢山作りたいのが、種生姜が高価で2袋だけ。
(写真は1袋分) 

収穫物の越冬保存が出来ればと検討中。
作る前から収穫後の事考えてますね。。。。



生姜 芽出し中4月17日
芽だし開始が早かった? 芽が出過ぎの様な。

芽が出てきてから分割するのは予定通り。
でも、出てきた芽が窮屈になるまで放置してしまったのは想定外。

里芋の植え付けが予想外に場所を取り、栽培予定だった所が全て里芋に。 別の場所に肥料を撒いて準備し直して、植え付けはもう1週間待ちです。 種生姜も分割し忘れてたので、断面を乾かす時間が欲しかったし良かったのかな。


4月23日 植えつけ
生姜分割 生姜植えつけ
生姜 マルチ
分割から1週間、再び暖かい冷蔵庫上で保管してたので、根も出始めた物もあります。

1.6kg は25個に分割されました。 平均64g。

1つ50g位になる様に分割すると良いらしい。
けど、手で割るのでくびれた部分でしか折れず、
大きい過ぎるかな?って物もあります。 

株間x条間 30x40cm を2条に千鳥配置。  

生姜は平面状に伸び広がっていく気がします。 畝に直角方向に伸びるように種イモの向きを揃えて植えつけます。 地温確保のために、低めのビニールトンネルでカバーしました。 


5月22日 ビニール除去
密閉されているトンネル内の温度を手を入れて確かめると、尋常では無い温度。 土の中は?と指を突っ込むと、相当な深さまで熱くなってました。 ビニールトンネルで土壌消毒が出来るくらいの季節になってました。 慌ててビニールをはずしましたが、芽が未だ出てません。 もしかして暑さで死んでしまったのかも。



生姜出芽5月28日 出芽確認
ビニールを取って1週間後、出芽が確認できました。

熱でダメージを受けてなければいいんですが。。
芽が出揃うまでは心配が続きます。

雑草も生えてきてますが、
生姜の芽が出揃ってから掻き取るつもり。

今やっちゃうと、芽も掻いてしまうので。


7月03日
ショウガ  ショウガ 
生姜の芽が出揃う前に、畑を留守にしてしまい、草がぼうぼうになってしまいました。 すでに芽は20cm以上伸びています。 芽を折らないように注意深く草を刈り取り、何とか綺麗になりました。  一時高温にし過ぎた影響はそれほどでも無かったようで、ほぼすべての芽が出揃ってました。

生姜の日陰7月31日

日陰を好む生姜にしては、日当たりが良すぎ。
遮光ネットを設置しました。 

手遅れ感は否めません。
さらに、全部をカバーできてなし。

隣のオクラで日陰を作るつもりでしたが、
成長ががゆっくりで期待外れになりました。 

結局このネットはちょうど1か月間設置してました。



9月25日 試し掘り
生姜収穫 収穫済み生姜が出芽
随分早いですが、ひね生姜が欲しかったんで、試し掘りを兼ねて1株収穫しました。 
  
新生姜は使う当てがないので、他を収穫するまでと冷暗所に置いてたら、1か月で芽が出てきて実が萎んで来てしまいました。  やはり、もっと寒くなってから収穫するべきだったかな? 気温15℃くらいにが目安か?  すぐに使うならお好きな時に。



生姜収穫10月29日  本収穫
ほぼ全てを掘り出しました。 
来年の種生姜にしようと思ってる分は残してます。

夏場の乾燥のせいか、どれも小さ目。
新生姜の部分で4.5kgほどしかありません。

新生姜は全てを紅ショウガに。

ひねは薬味に使うので容器で保存。
上手くいったら、記事にしてみます。


つづく


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

里芋の栽培記録 2016

今年は、里芋と生姜を別々に栽培します。  なので、記録も別々に。  (5月12日更新)

里芋と生姜の栽培記録 2015


3月26日 芽出し開始
例年通り、ビニール袋にもみ殻と種イモを入れ、段ボールに入れて冷蔵庫上に置いておきました。
種イモは、昨年栽培してた芋の中から形の良いのを選りすぐったものです。(土垂)


4月17日 植えつけ
里芋 芽出し完了 子芋 里芋 芽出し完了 親芋
里芋植えつけ ビニルマルチ植えつけ予定は来週のつもりでしたが、根まで出始めて来たので植えつけました。 

上写真 左が普通の子芋で、右が親芋(小さいけど)。 

全部で20株。 
多めに確保してて、結局全部植えつけました。

お陰で生姜の植えつけ予定地(奥3m)が
無くなってしまいました。

ジャガイモ後の生姜は相性良くないとの事を知り、
半分わざとですけど。


5月06日 トンネル換気                      5月12日   発芽 トンネル除去
里芋 トンネル換気里芋 発芽
発芽し始めた芽を発見し、焼けてしまわない様にトンネル両端を換気のために開けました。  土から引き抜こうとしたら破けてこんな形になってしまいましたが、今後の再利用を考えると、天に沢山換気孔を開けてしまうよりだいぶマシ。ということで。    

で、その後約1週間経ち、ほぼ全数の発芽が確認できたのでビニールを除去しました。 暖かいトンネルの中は草の勢いも違いますね。 土が乾いた週末に除草作業します。

  
5月22日                                5月29日
里芋 土寄せ1 里芋 土寄せ2
葉が展開し始めた22日に、片側方向から除草を兼ねた土寄せしました。  土寄せでできた溝に早速ソルゴーの種を蒔き、敷き藁の現地調達栽培を始めました。
1週間後の29日、さらに成長した里芋に反対側から2回目の土寄せ。 株間に追肥(化成300g)も。
こちら側にもソルゴーの種を蒔きました。  先週蒔いた種はすでに発芽しているのが分かります。

  
7月02日
里芋 と ソルゴー 里芋 と ソルゴー
ほったらかしている間に、両サイドのソルゴーが里芋の背丈を超え、里芋が見えなくなってます。   急ぎ両サイドとも刈り取り、敷き藁にしました。  まあ十分な量が取れました。    追肥もしておきました。 


8月16日
サトイモ サトイモ

2回目の草刈り。   1回目はソルゴー主体でしたが、2回目は普通の草もたくさん。
いずれにせよ、すっきりしました。   

本来は、もう少し早くするべきですね。  前回もですが。

梅雨明け後、3週間晴れ続きの乾燥で、葉が焼けてしまってます。



10月22日  収穫
里芋収穫 里芋収穫
1つ小さい株を試し掘り。 数は少ないですが、大きく立派なイモが付いてました。


つづく


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

人参栽培 2016 8-11

秋冬に収穫するニンジン栽培です。

11月にまとめて収穫し、土の中で保存して一冬かけて使います。

2014年の栽培記録
2015年の栽培記録

昨年の栽培記録は、播種から試し掘りの途中が一つもなかったので、今年はこまめに記録できればと思います。


ニンジン播種8月16日 播種
種は、越冬五寸(サカタ) と 本紅金時(タキイ)
それぞれ、約3.5m 1.5m (各1条)。

いずれも昨年・一昨年からの持ち越し種。 
少し厚めに蒔きました。

角材で V 型の溝を作り底に播種。 
うっすら土をかけ、もみ殻で乾燥防止。

一昨日降った雨で土が湿ってるので、水は遣らず。
明日・明後日の雨予想もあっての播種タイミングです。

ニンジン蒔き直しと青梗菜8月27日

前回撒いた越冬五寸と本紅金時のうち、
越冬五寸が全く発芽しなかったので、
すぐ隣に撒きなおしました。

ただ、まき直しの時は金時が発芽してないと思ってて、
金時を追加まきしてしまってます。




ニンジン種まき9月11日

越冬五寸を追加で種まき。  










ニンジン収穫12月29日 収穫

記録が残ってないので定かではないが、
これは初収穫ではなく、
どちらかというと最終に近いくらいの収穫。

本紅金時は8月16日に蒔いた分の残りすべて。
普通の五寸は9月27に植えた分の大きく育ったやつ。





2月26日  栽培終了
越冬したニンジン 越冬したニンジン
容器が小さいのでそこそこのサイズに見えますが、手前にある立派そうなので五寸としては少しちいさ目位。 C級品ばかりです。

やはり、8月中頃に種まきしたやつを、きっちち発芽させる事が大事だったのかな。

2016 越冬ニンジン栽培記録終わり。


野菜の栽培記録の一覧はこちら






ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

秋じゃが栽培記録 2016年

秋ジャガイモの栽培記録も3年目。  
たぶんいつもと変わらない記録になろうけども、何かちょっと違うことがあるかもしれないので
記録を続けてみます。


2014年 の秋じゃが栽培記録
2015年 の秋じゃが栽培記録



秋じゃが種イモ購入8月15日  種イモ購入

ニシユタカと出島を1kgづつ。  

秋作の品種にこだわりがあるわけでは無く、
ただ2種類あったので。

HC 1件目はまさかの7個入りで購入見送り。

2件目でこの良さげな種イモを見つけました。
1kg入りで13,14個入ってました。

分割リスクの高い秋作は、
小さな種イモの入手がキモだと思います。



9月01日 植え付け
秋じゃが植え付け 秋じゃが植え付け

暑いうちはあまり外には出さず、最近涼しくなってから日に当てて芽だししてました。 
すでに芽は出てたけど。   で、植え付け時はこのくらい。   あまり変わってないと思う。

今年も全く切らずにそのまま。 8mの2筋用意してましたが、数が少ないので株間はたっぷり50cm以上。
大きく伸びのび育ってもらいます。   収穫目標 20kg!


土寄せ後9月25日 土寄せ

1回目の土寄せです。

あと、芽掻きと。 3本残しです。

同時に追肥も。

条間の草がきれいになりました。

ところどころ欠株があります。


2回目の土寄せ10月10日 2回目の土寄せ

ちょっと間が開いたので、株が大きくなり、
重さでか?横に倒れるように広がってます。

2回目の土寄せで、株を起こしておきました。


それでも、締まりのない株姿。
株間が広く間延びして見えるのもあるけど。



じゃがいも11月11月20日 

そろそろ収穫か?

春のじゃがいもがまだあるので、
慌てずもうしばらく放置。 







秋じゃが 蕩ける11月26日 生育終了

霜で葉が蕩けてなくなりました。
もう、成長しないので、いつ掘ってもいいです。

ずっとほっておくと余りよくなさそうなので、
来週収穫する予定。






秋じゃが 全収穫12月04日  収穫

浅植えだったので、掘るのが簡単。
あっという間に完了できました。

その代わり、土寄せが少し足りず、
緑化した芋も少々。

新発見とと共に、反省点も。

収穫量は約26kg。 上々です。
3本残しでも、やっぱり1玉が大きい。



栽培記録終了



ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 



にゅーす
復活です。

ただ、この冬の栽培は限定的。

プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
畑のレイアウト 2017秋冬

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------


-------------------------------