インゲンの栽培記録 2016

昨年初めて育てたインゲン、あまりに美味しかったので今年も育てます。
今年は、種まきを数回に分け長く収穫する事を成功させたいと思ってます。



2015年の栽培記録




1作目


4月23日  播種
インゲン種まき1回目 インゲンの支柱

今年は、ロマノいんげん-つるあり (トーホク) です。 昨年のモロッコインゲンも美味しかったので、品種を変える必要は全く無かったんですが、折角ならば違うものと言う基準で変更しました。 平莢種なので似たような食感を期待してます。 丸莢はあまり好きではないです。  

昨年の低発芽率の理由が種の向きだと知り、今回は全てきちんとヘソを下に向け、2cm(種袋指示通り)深さ。
2粒x4か所。 豆が割れないよう、種まき前後に水を与えず、ゆっくりと土の湿り気を吸ってもらいます。
その代わりに、土が乾きすぎない様に土手盛してモミ殻でマルチしました。  

支柱は竹竿直立。 トウモロコシが支柱になるとの事で試したかったんですが、1か月前に播種しておく必要があるとの事、2回目以降に挑戦します。 竹の向こうにトウモロコシの苗を定植しておきました。



インゲン 発芽5月6日 発芽確認
8粒中7粒発芽。 すばらしい発芽率。

ヘソを下にして植えた効果だと思ってます。

「こつ」って大事ですね。

先週、土が割れているのを確認してます。
また本葉2枚がしっかり開いている事から、
発芽そのものは1週間ちょっとと昨年同様だと思います。


インゲン第一弾 6月1日
支柱の登り始めています。 

竹1本だと捕まりにくいのか、
先端が垂れ下がってたりもします。 

エンドウの支柱にする竹は、
枝5cm位のこしておいても良かったかも。





いんげん 葉が黄化6月10日
葉の先端が黄色くなってきました。

マメ科だから、元肥を入れてませんでしたが、
最近の成長の速さを賄うには、肥料が必要な気もします。

全体で50gほど、追肥しておきました。




7月2日 初収穫
いんげん  いんげん初収穫
いんげんの葉 病気
ちょっと見ぬ間に、収穫時期を迎えてました。   

一回分には十分すぎる量。

それより気になるのは、葉に何やら病気の様な模様。
見た目はさび病の様ですが、よくわかりません。

さび病なら、畑から持ち出さないといけません。
次回、病気の葉を摘んで焼却処分します。

大丈夫かな。。。


いんげん1・2作目7月15日

1作目(竹支柱)と2作目(トウモロコシ支柱)のペアショット。

2作目はトウモロコシで見にくいですけど。

いちおう、まだ収穫が続いています。





いんげん7月25日
ピークは過ぎたものの細々と収穫が続いてましたが、竹の支柱が折れたのもありそろそろ1作目は終了することに。

病気っぽい葉のためか、成りが悪くなったのと莢が小さかったり、形がよくなかったり。もあったし。

株の根元を引っこ抜いておきました。
1か月持ちませんでしだ。   

1本の支柱だと先端にツルが密集し、葉が日を受けにくくなるし収穫もしにくいし、キュウリネットの方がよいみたい。 ただ、それだと高さを確保するのが難しいけれど。


1作目の栽培記録終了


Salaf




2作目


5月14日 播種
トウモロコシはインゲンの支柱 インゲン2作目播種
2作目は、予定通りトウモロコシを支柱代わりにして栽培してみます。 トウモロコシは4月11日にトレイに播種して23日に定植しています。  そのトウモロコシに土寄せし、隣に1つづつインゲンの種をまきました。   


5月26日                  6月1日
インゲン第二弾 発芽 インゲン第2弾  
発芽。  採れ過ぎは困るので、トウモロコシの本数すべてには蒔いてないです。  結局、何個蒔いたか忘れてしまいました。
未だ本葉が大きくなっただけで、ツルは蒔き始めていません。   


7月7日
いんげん2作目 7月 いんげん2作目 結実
トウモロコシにきちんと巻き付いて、いい感じです。 鞘も出始めました。 ただ、緑のトウモロコシに緑のいんげんが保護色で分かりにくい。 しかもトウモロコシの葉の裏に隠れてたりと、収穫しにくそうです。


いんげん2作目初収穫7月15日 初収穫

数個しかありませんでしたが、2作目の初収穫です。

しかし、トウモロコシの葉に隠れて、見つけにくい。。。

しかも、トウモロコシは背丈が竹支柱ほど高くないので、あとあと不利になるのは目に見えてきました。

しかも、収穫後のトウモロコシが倒れ始めてるし。。。


いんげん7月23日
倒れたトウモロコシが1作目の竹支柱にもたれかかり、ただでさえ先端が重たくなってた竹支柱が耐え切れず折れてしまいました。

収穫が始まってますが、なぜかあまり採れません。

トウモロコシ支柱は柱まで緑なので見つけにくいのか、気づけば豆が完全に膨らんだ収穫遅れもちらほら。

いっその事、種取用にしてやろうかな。


インゲン2・3作目8月1日
1作目の竹支柱を除去しました。
絡みついていた2作目の一部も除去。

竹支柱に寄りかかってたトウモロコシは
反対側に倒しておきました。

で、今は2・3作目が絡みついて区別がつきません。
どちらにせよ、満足に収穫できてないのでどうでもよくなってます。

写真の通り、トウモロコシは支柱としては短すぎます。


8月17日
インゲン2・3作目 インゲン2・3作目 種取
そろそろ次作のために片付けます。 で、翌年の種にできそうなのを物色しましたが、
しばらく一つも収穫してなかった割には、鞘の量が少なすぎ。 大きく膨らんだものもほとんど無し。

一応、数個確保し自然乾燥させてみます。 鞘がまだ緑色で当熟が足りなさそうですけど。



2作目の栽培記録終了


ぐるなび食市場





3作目


いんげん 3作目播種6月5日  播種

真夏は収穫できない(鈍る?)ので、その時期を避け3回に分けて播種すると良いそうで試してみてます。

が、何時蒔けば収穫が真夏になるのかが分からないので、定期的にまき続けてます。

2作目の支柱に使わなかった端のトウモロコシ2本の根元に、2粒づつ。  





いんげん3作目7月17日
草にまみれて、分かりにくく見逃してましたが、
3作目もきちんと発芽し、成長してました。

ただ、2作目同様、トウモロコシ支柱は、成った実を見つけにくく不満です。

以降、2作目と区別がづかず。 
ここで記録はおわり。


見つけにくいのもありますが、暑くて実ができにくいのかもしれません。


3作目の栽培記録終了


三輪そうめん山本




4作目



インゲン播種7月31日 4作目 種まき

折角なので、4作目にもチャレンジです。 同じ種。

インゲンは夏の暑い盛りの収穫は止まるれど、
その前後で収穫できるそうです。   

でも、ちょっと遅すぎたかも。
それは、もうすぐわかるでしょう。




インゲン発芽8月3日 発芽   

少々暑くても、問題なく発芽するようです。









4作目インゲン 支柱設置8月16日

つるが伸びてきたので、支柱を立てました。

もちろん、トウモロコシではなく園芸支柱。







いんげん4作目 9月11日

莢が付き始めました。  
暑いと実が成らないそうですが、もう大丈夫みたいです。







つづく







リンク : 野菜の栽培記録まとめ


馬肉専門店【菅乃屋】



ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

大豆の栽培記録 2016年

今年こそ、収穫までこぎ着けたい。。。  大豆栽培です。

2014年の記録
2015年の記録


7月13日 種まき
大豆種まき  大豆種まき
種は地元の直売所で味噌仕込み用に購入したものの取り分け品。 なので品種は不明。
地元の昨年物なら適してるでしょう。
 
1か所2粒づつ、株間45cm 条間60~70cm。 肥料・石灰は一切入れず。
種はきちんと「ヘソ」を下にして丁寧に播種した後、刈り取って積み溜めてた草をバラ撒いて鳥へのカムフラージュ。 広いので寒冷紗を掛けるにも相当量が要るので節約です。 効果は不明。


7月17日 発芽
大豆発芽あったかいからすぐ発芽。

鳥に見つかりませんように。










7月19日
大豆発芽出てきた芽の半数に子葉がありません。
鳥に食べられたのかも。

子葉が食べられても軸が残ってたら、本葉は出てくるのだけど。

それとも、本葉が開いてから取れた?

でも、カケラが見当たらないし、やっぱり鳥かな?




7月29日
大豆 中耕中耕しました。

カムフラージュに使ってた、他で抜いてきた草が、
再び根を張り始めたので。

まだ芽が小さいので、土寄せは後ほど。







8月16日 中耕2回目
大豆の中耕2日前に雨が降り草が元気になってきたので
2回目の中耕をしました。

ただ、中耕は何度やっても株間の草は残ったまま。
分かってながら、今日はしない。

土の内部はしっかり湿ってました。
日差しが強く表面はすぐに乾きます。



8月19日 土寄せと水やり
大豆土寄せ土寄せしました。  

中耕では除草できない条間のために、

土寄せはスコップと短いホーを持って、しゃがんで1本1本 除草しながらの手作業でやりました。
我ながらほれぼれする仕上がりに大満足。

例年の失敗する原因として、水不足を疑ってます。
今年は、積極的に水遣りしようと、4日晴れが続いたので、1株あたり、カップで2杯(約1L)づつ与えました。



8月25日
大豆 開花

開花。










9月9日
大豆の様子 大豆 莢
莢を確認。  


10月1日
畑の様子 2016.10中 大豆 鞘
株間45cmで少し広いかな? と思ってたけど、ここまで育つとちょうどいい。

条間60cmは耕運機で中耕できるようにとの考えだったけど、もう少し狭くてもよかったかも。
中耕なんて2回しただけだし、このくらいなら鍬でできない事もない。

豆が少し膨らんできたかも。。  今年の夏の大豆より良さげですが、もう少し大きくならないと安心できません。



10月22日
大豆 実が膨らむ葉が黄色くなり始めた感じ。

前回より膨らんでるが、はち切れそうなはは少しだけ。

この写真はまだいい方。
もっと残念なのもあります。

完全に枯れるまでもう少し成長するのかな?  
葉が黄色くなったら、もう成長しないような。




11月20日
大豆 大豆の実
葉はすっかり黄色くなってますが、実はカラカラって感じではない。
試しに割ってみると、乾燥したものもあるけど、まだシットリしている豆もあり



11月26日
大豆 大豆収穫乾燥
全く膨らまずカビてる鞘が沢山あります。 膨らんでても虫がついてたりと出来は悪い。
まともな豆は少ないが、初めてなので収穫・乾燥をきちんと最後までします。

植えたままでの完熟を目指したけど、生育が止まると湿気に弱くなるのはどの植物も同じ。 もう少し早く収穫して乾燥させるべきでした。

毎日のように夜露が降りる時期なので、トマトの雨よけ支柱のあまりで作った超小型ビニールハウス(超大型ビニールトンネル)の中で露しのぎ。 狭く密集してるので、湿気がこもりそうなのも心配。



脱粒
大豆乾燥 大豆脱粒

途中で一回内外を入れ替え2週間乾燥させると、結構バリバリ。 ブルーシートの上で棒で叩くと鞘は簡単に採れる。 地面に置いて叩くより、宙に浮かせて棒をこすり付ける様に叩くと効率が良かった。 鞘から豆を取り出すのにも、シートの上で叩くより揉むしごく様な動作の方が良さそうなので、シートを丸めて足ふみ。

もっと乾燥させると、鞘も簡単に開きそう。 3週間位乾燥させた方が結局は楽かも。


選別
唐箕選別昨年仕入れた唐箕を使い鞘と豆を選別。

初めてなので苦労したけど楽しめた。



自作の段ボールと扇風機の風選別装置と比べ、
屋外で作業ができ量がこなせる利点は大きい。






OK品                           NG品
選別OK品 選別NG品

かなり甘めにOK選別。 多少の虫食い・変色は、味噌には影響しないでしょう。
OKは1㎏ NG品は0.4㎏ありました。

うまく栽培できたら、どれくらい取れてたんでしょう?


2016年 大豆の栽培記録 終了


栽培記録一覧へ


ハトムギの栽培記録 2016

はと麦栽培記録 2016年です。

2015年の記録


はと麦 種まき5月02日 播種

栽培箇所を確保してたのですが、播種時期を失念しており、GW中に急遽種まきしました。

急遽なので、前年の様に種子の浸水処理をしてません。

が、まあ芽が出るのが多少遅くなってしまうだけで、
草にさえ負けなければ良いので。。。




はと麦 発芽揃い
6月04日
浸水処理してなかったせいで、
発芽に少し時間が掛かりました。

それに、発芽率もイマイチ?

昨年のと比べると、芽の数が少ないような。。

生えそろったので、脇の草をホーで刈り取りすっきりしてます。




7月28日
ハト麦不調 ハト麦出穂

穂がでて実が付き始めました。が、その前に穂の数が少なすぎる!
いまいちだった発芽率が生育にも影響しています。

というのも、株数が少ないので大きくなっても地面を陰が覆わず、
幾度となく草がハト麦より勢いづき、草との競合に負けてしまいます。

昨年の写真と比べると、まるで別物。   やっぱり、ハト麦栽培は始めが肝心の様です。


8月19日
量が少なすぎたのと、次の秋ジャガに場所を空けたくなったので、収穫をせずに栽培終了させました。


栽培記録終わり


リンク : 野菜の栽培記録まとめ



ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 


枝豆栽培 2016

最近、うまく育たない枝豆。 簡単そうで、意外と難しい枝豆。 今年はうまくいくでしょうか。
ちびちび蒔いていった結果、4作に分けることに。 手間かかります。。。   




4月9日播種


4月29日 播種
枝豆播種種は、おいしい枝豆 (トーホク)  です。

黒い方が美味しいのかも? と淡い期待。   
黒い方が難しいのかも? それは気にしない。

実際のところは、どうなのでしょう?

枝豆栽培は苦手です。 まず発芽させるのが苦手。
もうすぐ5月ですが、育苗器でほんのり保温して万全を期します。   

第一弾はなすびと混植する予定。 

なんとなく12粒蒔きました。


枝豆 発芽5月6日 発芽

1週間で発芽。

発芽率は上々です。

インゲン同様にヘソを下に向けて蒔いたのが
功を奏したのでしょうか?





5月14日 定植
枝豆植えつけ準備枝豆 定植
茄子と混植します。 コンパニオンプランツの関係だそうです。 定植する前に、ナスの廻りの土の表面を掻きほぐし、ほんのり生えてきた草を抜いておきました。 結局苗になったのは9つ、茄子は8株あるので株間と両サイドに丁度。

畝中心から10cmずらして定植しました。 徒長気味だったので、土盛りした事にして双葉の下ぎりぎりまで埋まるように植えました。 中心からずらしたのは、反対側に第二弾を直播するためです。 (2作目参照)


なすびと枝豆6月9日
なすの間に大きくなった枝豆が見えます。

大きな葉を付けた第一弾と、
まだ小さい第二弾。








枝豆 鞘膨らむ?7月13日
知らぬ間に花が咲いて、鞘がついています。  

きちんと膨らんでくれるかが、とても心配。

最近、枝豆・大豆が全然成功しないので。







1作目枝豆7月27日
3作目の実が膨らんできたのを発見したのでの
念のため1作目の様子を確認したけど、

やっぱり、全然膨らんでません。


もう無理みたいです。



栽培記録終了





5月14日播種 2作目


5月14日
枝豆 2回目 播種
第一弾を定植した横に直播しました。

茄子の株間+両サイドなので計9か所に1粒づつ。

7割発芽するなら十分で、保険を掛ける必要なし 
との判断です。 

最近掴んだ発芽率を高めるコツ、
 ①ヘソを下にして2cm深さに 
 ②豆がゆっくり膨らみ割れないよう水遣りなし
は守ってます。


枝豆 着活・発芽5月20日
発芽しかけてます。

16日の夜に雨が降ったっきり、
ずっと晴れ続きでしたが、きちんと発芽しました。

そういう点では直播は楽ちんですね。

茄子の影になってるので
鳥に食べられることは無いかな? 

対策は、敢えてしないでおいときます。


枝豆の芽が食べられた5月21日
昨日、上手く発芽した事を確認したばかりだったのに、今朝見ると子葉が食べられた様です。 
  
まだ半数が残ってますが、時間の問題でしょう。 

なすびはまだ小さく、
目隠しにならなかった様です。  





枝豆 復活?5月26日
子葉は無くなりましたが、本葉が出てきたようです。

子葉の位置に小さな本葉。
しかも2枚が同じ高さで。

成長しそうな予感です。

だとすると、3作目として蒔いた分の
栽培場所を考えておかなくてはね。



なすびと枝豆6月9日
なすの間に大きくなった枝豆が見えます。

大きな葉を付けた第一弾と、
まだ小さい第二弾。







8月3日
枝豆 2作目 不作 枝豆 2作目 不作
第一弾同様、全く膨らまない莢。 試しに莢を開けてみると、中から小さな茶色い実が出てきました。
茶豆なので最後は茶色くなるんでしょうけど、枝前として食べる時はまだ緑。

つまり、大きく膨らまないまま、成熟しちゃったってことでしょう。   
もう膨らまないのは確定したので、引っこ抜いて終了。


栽培記録終了




5月21日播種 3作目

直播した2作目が案の定?鳥に食べられたので、急遽3作目。 セルトレイでの育苗から始めます。


枝豆播種5月21日
2作目と同じ12粒蒔きました。  

種はもともと61粒あり、あと半数残っているので
もっと蒔いても良かったんですが、栽培場所の目星をつけてからの4作目用に残して置きます。

ちょっとづつ楽しめた方が良いのでね。






枝豆3作目 発芽5月28日
発芽し始めました。

子葉の展開はまだで、何とも言えませんが。

種の皮が付いていて子葉が上手く開くか心配ですが、
ここは手助けせず頑張ってもらいます。

豆(子葉)が割れている物もあります。

水分の与え方に気を使っても、
割れてしまうものはありますね。

(左の小さいな芽はモロヘイヤです)


枝豆第三弾定植苗6月9日

定植適期になりました。

第二弾が鳥に食われた緊急対応品だったんですが、
それが復活してきたので、決まったまき場所がなく、
方々に散らすように植えておきました。






枝豆第三弾7月3日
畑を留守にしてた3週間の間に草まみれ。

それでも、大きく育ってます。









3作目枝豆7月27日
莢が膨らんできました。

1・2作目を追い越した、
というか1・2作目がダメだったのが証明されました。

でも、なにが良くて何がダメなのかは分かりません。






7月31日の収穫7月31日

収穫しました。

まだ実がちょっと小さかったけど。

莢の数も少なく、いい出来ではありません。





栽培記録終了




6月5日播種 4作目

枝豆4作目 播種6月5日 播種

4作目を撒きました。  

種が20粒以上残ってて、6月半ばまでに蒔き切りたく、
何処に蒔こうかいろいろ迷った結果、
トウモロコシ2作目の条間・畝肩にしました。

1粒づつ等間隔で、結果的に15~20cmの株間。
全部発芽すれば、、、ですけど。

ポットに蒔くと、水やりの手間がかかるので直播。
ただ、今度は鳥にやられないように、麦わらで目隠し。


枝豆 第四段7月3日

赤丸が第4段の枝豆。
ちなみに、青丸が第三弾の枝豆。

その間にあるしっかりとした茎の草は、
通路に蒔いたソルゴー。

トウモロコシの陰になり、すこし窮屈そうなので、
草くらいは引いてやらねばいけませんね。



枝豆 第4弾>7月13日
草引きしました。

意外と大きく育ってます。

が、トウモロコシの間の1列は、他より少し小さめ。

やっぱり日当たりが大事ですね。






つづく


2017-.5-(26)






ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

落花生の栽培記録 2016

落花生の栽培記録です。   (7月13日更新)

過去に本格的に栽培していた事はありますがそんなに食べないので、最近ではトマトのコンパニオンプランツとして細々と栽培を続けています。


落花生 種5月02日 播種
昨年のトマトと混植してた物の収穫物が今年の種です。

トマトの早仕舞いと同時に片付けたので、
たったこれだけしかありません。

17株あるトマトの株間に1粒づつです。

今年は、トマトが終わっても落花生はそのままにしておき、もっと沢山収穫しようと思います。

ただ、雨除け栽培なので、水分が足らず、
落花生の収穫量は期待できませんけど。


5月15日                                  5月28日
落花生 発芽しかけ 落花生 発芽
発芽しました。   播種した時から一切、水遣りしてないからどうなるかと思ってましたが、乾いた地面から頭を出し始めました。   トマトの窒素不足もあったので、発芽後はちょくちょく水遣りしています。  ただ、トマトの実が赤くなったら遣れなくなるので、甘やかしすぎない程度にですけど。。。

  
落花生とバジル7月13日
梅雨に入って以降、水やりもせず放任。  

トマトの間で日光不足なのか、
少し小さいですがそれも許容。   

トマトの雨除けの下ですが、雨が降った日は
地面が半分だけ濡れてます。  





落花生7月23日

いつの間に花が咲いてたのか見逃してましたが、
すでに地下に伸びるツル?が確認できました。

茂り具合は相変わらず貧弱ですが、
来年の種くらいは取れるでしょう。


落花生をメインに収穫したい場合には、
トマトの株間への混植はおすすめできないようですね。




つづく



ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 
にゅーす
復活です。

ただ、この冬の栽培は限定的。

プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
畑のレイアウト 2017秋冬

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------


-------------------------------