イチゴの収穫が間近です。

一冬を無事に越して、イチゴが実をつけはじめました。

イチゴ畝全景
イチゴ畝全景 2015.05

イチゴの苗
株総数は40個くらいかな?  正確な数は忘れましたが、収穫する度に4人家族1回の朝食分が狙いです。  今年はビニールではなく、麦わらマルチです。 コンパニオンプランツとして、ネギとニンニクを植えています

実の膨らみ
イチゴの実 収穫間近

イチゴの実 収穫間近2
ようやく膨らんできました。  昨年の初収穫が5月9日でしたので平年通り?

イチゴの病気?
いちごの病気
昨年の移植時から気にはなってたのですが、親株の葉に斑点があり、うどんこ病の様な症状。  なるべく綺麗な孫株を移植したのですが、新しく伸びてくる葉が黒く縮れていたりしています。。。

品種は不明ですが、大きな実がなるからと実家から貰ってすでに4年目になるイチゴ、そろそろ株更新の時期かもしれません。

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  




スポンサーサイト

イチゴの管理

昨、土曜日の記録。   
予報に反し午前中は晴れ間がでており、畑でイチゴの世話をしてきました。

4月1日に「畑の様子」で使った写真
イチゴ 2015.04

花が咲き出したのでそろそろ敷き藁が必要です。 

現地調達
大麦

エンドウの周りに植えた大麦。  これを刈り取って使います。

施用前
大麦青刈り

施用後
イチゴに敷き藁

藁と言っても青々していて、色が同じで何が何か分かりませんね。  
青い麦の敷き藁は初めてです。  茶色いワラより CN比が低いので、もしかするとどんどん分解されてなくなってしまうかも?   6月まではもつでしょう。     


PS アスパラ蒔きました。  1.1mL入り (約45粒でした)
アスバラ種蒔き

種を一晩ぬるま湯につけておくと良いそうですが、浸漬時間はセルトレーの準備に要した10分だけ。   土を詰めたら、即植えたくなりました。   18穴に2粒づつ蒔き、自作育苗器で発芽まで30℃に管理です。  今日からスイカ(とアスパラ)の発芽まで夜も30℃狙い。  夜間でも室内なら15度が確保できるようになったので、トマトの苗達は育苗器から卒業です。 

 


越冬中のイチゴ

いろんなブログでイチゴの様子がアップされています。  気づけばススホホのイチゴは少し状態が良くない?大丈夫か? という事で、大丈夫じゃ無かったときの参考になるかと、アップしておきます。

南端から順番に6株。  
イチゴの様子2015.01

見ての通り、マルチ無し・トンネル無しです。
  
他の人のと比べると、各段に緑色がくすんでいますが、葉が枯れて無くなっても芯が生きていれば芽吹いてくるもんだと思ってます。  よくよく考えると、マルチ無しは今年初めてです。   霜柱で土が浮き沈みして、根が傷んでいるのかもしれません。
さて、どうなることやら。

イチゴの記録の続き

昨日の記録に、1つ、書き忘れていたことを思い出し、加筆します。

昨日の1枚目の畝の写真に、イチゴに寄り添うニンニクの葉が見えます。    ニンニクの殺菌作用でイチゴの病気が防げるとの事。  いわゆるコンパニオンプランツってやつです。  

書き忘れてたのは、そのニンニクの事。  記事にしてない写真も出てきたので合わせて記録しておきます。

植え付け時の様子  (10月12日撮影)
ニンニクの発根

イチゴは9月半ばに移植。  10月頭のニンニク植付けで余った物を使いました。    畝肩に鎌の柄で穴を開け落とし込むようにして。   マルチをしていないので簡単です。   

良く見ると、この時から既に深植え気味になっていました。


その時のニンニク
イチゴとニンニクの混植

すでに発根していました。    
これを見て、ニンニクも芽だしをしたら良いのでは? と思いました。  が、良く考えると、普通に植えて9割以上芽が出てきてるし、少々芽の出るのが遅くても問題ないので、芽(根)出しは不要ですね。 



イチゴの越冬 畝の世話

9月半ばに早々と移植したっきり、ほとんど世話をしていないイチゴの畝を、ちょっと綺麗にしてみました。(日曜日に)


清掃後      あまり綺麗になっていない?
イチゴの畝清掃後

作業内容は、下記の通り
①畝の両サイドに敷いていた「はと麦」の茎を整理。  
    畝の肩の部分なので霜よけの効果もなし、 なかなか朽ちそうになかったので、
   畝のマルチには使いにくいので堆肥箱行きです。   
    一部はその場で埋めてしまいました。

②畝表面の土を削り落とす。
    小さいですが、草が生えてきていたので、除草と防草を兼ねて。
    深植えしない様にしたつもりでしたが、クラウンが陥没しつつあったので、
   周りのレベルを下げるためにも。    

深植えの様子
イチゴ苗の様子

植え穴を開けたところが馴染んで沈んできたのでしょうか?  クラウン部分が埋まってきています。     折角張った根を切る訳にも行かないので、持ち上げる事もできず。   代わりに周りの土を低くして、クラウン周りの土が雨が降るたびに少しづつ周りに流される事を狙っています。

周りの土を1cmほど削っただけで、根が見えてきました。  放射線状に伸びた根のほんの一部だからと、あまり気にせずに作業しました。




にゅーす
しばらく、畑を休まなければならず、最近更新ができていません。 にもかかわらず、一部ページに広告を追加しました。 メンテは続けるつもりです。よろしく。  
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア