スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐辛子の栽培記録 2016

唐辛子の栽培記録です。 2016年

今年も唐辛子を栽培します。 2014年収穫分が大量に残っており、2015年分も手付かず。  
ですが、放任できるので栽培します。 保存ができるので何とかなるでしょう。。


栽培記録2014 (乾燥のみ)



唐辛子の種 2014品3月5日 播種
種は2014年の自家採種品。 育苗器で苗を仕立てます。
2年位大丈夫だとは思うが、少し多めに1か所5粒播種。

昨年は3末播種でしたが、ちょっと早めてみようかと、この時期に播種。

実はこの種、ピーマンと交配したのが混じってます。
確実に唐辛子を収穫する為に、栽培株数を増やします。 
6ポットのうち、何株は純粋な唐辛子になるでしょう。。。



トマト育苗 14日目3月19日 播種後 14日

トマトの向こう側、一番端っこの列が唐辛子。

手前のトマトと一緒に種まきしたのに、
成長の差が大きい。

いずれも同じ茄子科ですが、唐辛子成長がゆっくりの様子。 茄子に近いのかな。




唐辛子育苗中 鉢上げ3月27日 種まき後 22日

まだまだ鉢上げするには小さいが、
トマトを鉢上げしたので唐辛子も一緒に。  

間引きも済ませてず、丸ごと鉢上げ。

根鉢が回ってないので土が崩れて大変です。

失敗しても気にしません。
種は沢山あるし、後から蒔いても何とかなるし。



唐辛子苗 4月16日 育苗42日目

3週間前と比べると、随分しっかりしてきましたが、
トマト・なすびと比べるとまだまだ頼りない。

購入したピーマン苗の大きさになるには、
まだまだ日数が必要でしょう。





5月2日 定植
唐辛子定植 唐辛子のアブラムシにテントウムシ
未だ蕾すら付いていませんが定植しました。 鉢上げで1つダメにし、その後生育不良で1つ落第、結果4株を定植。 今年はピーマンから離して植えつけ、交配を防ぎます。

育苗中にアブラムシ付いてしまいました。 牛乳噴射をしようと準備してたけど、畑に植えたら早速てんとう虫が食べに来てました。 逃げるアブラムシに襲い掛かるてんとう虫を見るのは初めて。 4株とも退治はテントウムシにお願いすることにしました。



唐辛子7月23日
生育記録がずいぶん飛んでます。

順調なのは確認してましたが、
撮影し忘れてました。

途中1回追肥しただけで、あとは放任。 

しかし、立派に実を付けてくれてます。
それも結構たくさん。

そんなに必要はないんですけどね。。。



唐辛子8月31日

実がすっかり赤くなってます。

まだ収穫せず、おいておきます。








唐辛子9月23日

新しく脇芽が生え、新しい葉と花が咲き始めました。

一度で倍の量が採れるのか???





10月1日
唐辛子 傷み 唐辛子の実処分
長雨にあたり、熟してた赤い実が腐り始めてます。 熟した実は雨に弱い事を忘れてました。
赤い実を全て切り落とし、新しくなってるまだ緑の実が熟すのを待つことにしまた。

倍採ろうなんて甘い考えでした。 でも、熟した実だけを先に採ってしまえばできたかも。


唐辛子の実が熟しきらない12月18日 栽培終了

2回目の実はなかなか赤くなりません。

もう12月だというのに、まだ薄っすら黄色い。

寒いのでこれ以上熟すのは無理っぽく、
1株2回の収穫倍増は無理みたい。



秋雨も収まりちょうどいい時期に成熟するには、昨年の3月末播種くらいがちょうど良い感じ。 ここ三重では。


2016年の唐辛子栽培記録終了


おすすめリンク : 野菜の栽培記録まとめ









ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 
スポンサーサイト

ピーマンの栽培記録 2016

ピーマンの栽培記録 2016です。

唐辛子と韓国唐辛子をピーマンと一緒にしてましたが、編集しなおし分けました。


2015年の栽培記録




ピーマン苗 ニューエース4月16日   苗購入 

ホームセンターで1株だけ購入。ニューエース  

背丈は20cmほどですが、
既に3番目の花の蕾が付いています。  








5月2日 定植
ピーマン 定植 ピーマン定植 2
ピーマン定植しました。 1番花が開きだしていました。
1番花のところから幹が3つに分かれています。 3本の各枝の次の節に2番花の蕾、さらに分かれて3段目の花蕾。 せっかく開いた1番花ですが摘花しました。 2番の蕾も3つ全て摘みました。 木を大きくしたいので。


5月28日
ピーマン 剪定前 ピーマン 剪定後

ピーマンの実あまり大きくなってないと思ってたけれど、
写真で比べると成長してる。

先端中央が混み合ってきたので剪定しました。
左がBeforeで右がAfter。

最初に3又、その後2又づつに枝分かれを繰り返すので、中央がどうしても密になる。  

2本に分かれた片方を切り落とす事を2段分、
先端の数が1/4になった勘定です。

実が3つ大きくなってきました。 初収穫は間近です。 追肥しておきました。



ピーマン 初収穫6月4日 初収穫

収穫しました。 

収穫した実を写真に撮るの忘れてました。

一度に4つ。 
まだ実が小さいので、実質2つ分くらいですけど。





ピーマン7月2日
3週間ほったらかしにしてて、
ジャンボなピーマンが5つ取れました。 
パプリカくらいのサイズです。

実の緑色も通常の濃い色から、
若干透明感のある緑になってます。

実を大きくし過ぎ、株がちょっと弱ったのかも。  
この次に取れる実が一つも大きくなってません。

追肥しておきました。


ピーマン7月23日
前回から一つも収穫できずに3週間経ちました。
こんなことは初めてです。

で、今日ようやく4つ取れました。

ここまで木が大きくなると、本来もっと採れるはず。

確実に弱ってますね。




8月15日の収穫8月半ば

この頃から、ようやくコンスタントに収穫できるようになりました。
最盛期で1週間に10個くらいかな?

例年もっと採れてましたが、まあでも十分。 

食べるのがおっつかないです。




ほうずきカメムシ10月8日
大量のホウズキカメムシ!

無農薬なら補殺するしかないそうです。
ほっておくと、産卵して増えるそうです。

一匹づつ捕まえるなんて無理なので、
根っこから引っこ抜いて焼却処分。

実は無事なので、収穫しておきましたが。





ていう訳で、栽培記録終了です。  




リンク : 野菜の栽培記録まとめ







ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

トウモロコシの栽培記録 2016

トウモロコシの栽培記録です。  

例年通り、何度かに分けて栽培する予定。
さらに、今年はトウモロコシをいろいろな作物と混植してみたいと思います。

2015年の栽培記録



第一弾 4月中旬播種


4月11日  播種
トウモロコシ 播種
ハニーバンタム・ピーターコーン (サカタ)

セルトレイに1粒づつ18箇所まきしました。

第一弾は
* スイカとの混植
* インゲンの支柱
* ジャガイモとなすびの境界づくり

に使う予定。 

暖かくなってからの直播がポリシーでしたが、上記の予定の為には5月に立派な苗での定植が必要。
セルトレイに播種し、育苗器で苗作りします。



4月23日  定植
トウモロコシ 定植 トウモロコシ 定植 トンネル内
播種後2週間で小さい苗で定植。 インゲン第二弾の支柱用(左)とスイカとの混植用(右)に。
ジャガイモとナスの境界には燕麦を植える事にして、トウモロコシは止め。

写真右は定植1週間後の4月29日に撮影したが、苗が小さくいので良く分からない。


5月14・15日
トウモロコシはインゲンの支柱 トウモロコシ
露地に植えた方(インゲン支柱用)はなかなか大きくなりませんが、トンネル内に植えた方(スイカ混植)は天井に達してました。 スイカの為にはトンネルを除去できないので、天井に穴を開けて凌いでおきました。


6月1日  インゲン支柱      6月4日  スイカ混植
インゲン第2弾のトウモロコシ支柱 DSC_3436.jpg


7月7日 収穫
トウモロコシ 収穫 いんげん支柱 トウモロコシ

トウモロコシ スイカ混植
いんげん支柱の方(上左)を収穫。
巻き付いたいんげんのつるを傷つけないように収穫。

先っぽまで綺麗に実が入ってないものもありますが、
大量に採れるし自家消費。 あまり気にしません。

すぐにゆで、実をこそぎ取り冷凍保存

右はスイカと混植してたやつ。 今週末が適期かな?



第一弾 栽培記録終わり




第2弾 5月中旬播種

5月14日  播種
トウモロコシ 第二弾播種
 
インゲンの栽培場所の横に直播。

インゲン第三弾の支柱用にと考えてます。  

ただ今回は、条間は変わらず40cm位ですが、
株間は20cmと少し密に蒔きました。

気まぐれです。



トウモロコシ第二弾6月1日

発芽してますが、
草に負けそうで良く分かりません。

成長が遅いのは、雨が少ないせい?   







枝豆 第4弾7月13日

2作目はどうしても世話を怠りがち。  

ロクに土寄せせず、追肥もせずほったらかし。


草まみれになってたので、草引きして撮影。

でも、トウモロコシとインゲンに加え、枝豆まで混植したので、ごちゃごちゃして来ました。


7月28日 収穫
トウモロコシ第二弾収穫ひげが十分黒くなったので収穫しました。 

が、いろいろ問題が。。。

◆おいて置き過ぎで実が固め。
◆肥料不足で穂が小さい
◆受粉不良で実がスカスカ。
◆2日前の雨で濡れ、穂に付いたまま発芽  

食べられない物になってしまいました。  



トウモロコシ穂発芽
F1品種だと分かった上で、来年の種にはなるかな?と乾燥させてみました。

が、小屋(屋根あり囲いなし)に置いておいたのに、動物に持っていかれて無くなった。


出穂時期が梅雨に重なると、受粉が上手くいかず実入りが悪いくなる模様。

5月頭~5月末の間に播種するのは避けたほうが良さそうです。


栽培記録終了



第3弾 8月頭播種


トウモロコシ播種 7月末7月30日 播種

真夏に播種して秋に収穫する作柄に挑戦。

それに適した品種があるのかもしれませんが、
春に蒔いたのと同じ種。  

徳用を買ったので、いっぱい余ってるんです。

なので、一か所2粒蒔きという、
私は滅多にしない標準種まき方法です。



トウモロコシ発芽8月3日 発芽

雨がなく心配していましたが、無事発芽。

あったかいと早い。
でもまだ発芽率50%以下。  

発芽そろいはもう1~2日後かな。

水遣りしておきました。



秋トウモロコシ 土寄せ・追肥8月20日 土寄せ・追肥

追肥と土寄せをしました。   

8月にほとんど雨が降らないので、
2回ほど水やりしてます。







トウモロコシ8月31日

一気に大きくなってます。








秋どりトウモロコシ9月7日

出穂しました。  









トウモロコシ 台風通過後9月23日
台風16号直撃で、多くの株が倒れました。

ただ、折れた箇所は穂がついているところ。

そのまま収穫できるかも。







9月30日  収穫
秋トウモロコシ 収穫時期 秋トウモロコシ 収穫

結局2か月で収穫できました。  暖かいから成長も早い。
 
本来は、もう1か月遅らせて播種するのが正解だと思う。 この作柄にはつかないはずのメイガの幼虫にしっかり食害されてましたし。 それに、生育初期に雨が少なく、出穂時期が秋雨の時期と重なってしまった。 実の付きが悪いです。 

でも、それなりに採れますね。 



栽培記録終了






リンク : 野菜の栽培記録まとめ



トウモロコシ剥き   ブレンダー スープづくりに。
  


2017.05-(12)

ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

キュウリの栽培記録 2016

キュウリの栽培記録。  

キュウリは撒き時期をずらして栽培すると、長い間収穫できます。
まだ上手くいった事はない。 今年こそは。。。



4月播種   6月初旬~収穫

キュウリ播種 夢みどり4月8日  播種
4月播種は育苗器で発芽・生育させます。

種は、夢みどり(トーホク 2014) 購入後 3年目。

過去2年は種から育ててますが収穫量が少ないです。  

苗半作とよく言います。
苗づくりで半分決まると。


キュウリ 発芽4月16日 育苗8日目

3~4日で3粒すべて発芽。

すでに大きな双葉をめいっぱい広げています。

双葉の間からは、
すでに本葉が出てくる兆しが。。。

早いですね。  



5月2日  定植
キュウリ定植苗1 キュウリ定植苗2
育苗24日で定植しました。 左の株は子葉の色が変。 右の株は第一本葉がパックリ割れてしまってます。
2つともちょっと残念な状態です。 定植後、行灯で囲っておきました。


きゅうり行燈の限界5月28日
瓜葉虫対策で、ぎりぎりまで行燈したままです。

さすがにここまで育てば大丈夫かと、
行燈を取り去りました。

まだ、ネットには届かないので、
行燈に使ってた支柱の間隔を狭め、
添木代わりにしておきました。  




きゅうり初収穫6月9日 初収穫

添えてた支柱は意味を成しておらず、
1・2番目の実が地面に着いてしまってます。

これはこれで初物として収穫しておき、
誘因しておきました。 






7月2日 
きゅうり きゅうり収穫
3週間ほど留守にしてしまい、隣の畑の人にお願いしてたが、これ以外にもジャンボきゅうりがちらほら。 まあ仕方なし。 収穫写真は5月播種の物も含みます。

きゅうり1作目7月15日
葉が黄色くなってきました。  

まだつるがネットの先端まで届いてないのに。

途中3週間きちんと収穫せずにいたので疲れたのか、追肥できなかったのが悪いのか。

はたまた、育てた苗がよろしくないのか。 いずれにせよ、終わりは近いです。



7月末
正確な記録を失念してしまいました。 が、1作目のきゅうりは7月末で終了しました。
ずっと元気がないまま、収穫量も少なく、非常に残念な結果です。

過去の成功例と比べると、葉が小さく肥料不足なのでしょうか? 自家製苗がよろしくないのか?

来年は購入苗と比較栽培してみます。 ちょっと多めの肥料の元で。


4月播種の栽培記録終わり





5月播種


5月6日  第二弾播種
キュウリズッキーニ第二弾播種
4月の発芽率が良好だったので、
今回は1つ減らして2粒づつ播種。  

その代わり、予定株数2株に対し3ポット準備。
で、結局消費した種数は6粒で同じ。 

下の大きな種はズッキーニ。
 栽培記録はこちらから。





キュウリ 第二弾定植5月15日  定植
育苗9日目ですが、定植してしまいます。

育苗器でほんのり加温してたら、
徒長気味になってしまいまいた。

育苗器は不要だったかも。

露地だとまだ寒いかもしれないけど、
ペットボトルキャップとか、
行灯とかで何とかなったかも。

定植後、行灯して置きました。


きゅうり第二弾行燈限界6月9日
行燈から顔を出してきました。

4月播種は50日かかってたのに、
これは30日ほどでここまで成長。

蒔き時期を1か月ずらせたが、10日の差に縮まった?


もっとずらすべきだったかも。



7月2日 
きゅうり きゅうり収穫
播種時期のずらし方が足らなかったのがここに来てさらに明白になった。 まだ4月播種の収穫が本格化したかどうかのところ。 1.5か月差を付けてもよかったな。 収穫写真は4月播種の物も含みます。   


きゅうり2作目7月15日

収穫はできていますが株に元気がなく、
2株植えているのに1日1本採れない。  

また、実が思いっきり曲がってしまってます。
肥料不足かな? 


昔は1株で捨てるほど採れたのに。




キュウリに瓜葉虫の跡7月25日
瓜葉虫が発生し始めました。  
っていうか大発生してます。

キュウリの実の頭の部分がことごとく齧られます。
なぜ頭だけ?実全体でないので助かってますが。。

問題は、葉もやられ始めていること。

そうでなくても、元気のない株。
5月播種分ももうすぐ終わりを迎えそう。。。


8月12日の収穫8月12日

この日が最終収穫。

まだ株は引っこ抜いてないから、
もしかするともう1本くらいは採れるかも。

いずれにせよ、ほぼ終末。

記録では、8月になって以降の収穫がたった3本。
絶不調です。 


5月播種の栽培記録終了




6月播種

播種時期不明。  たぶん6月第一週末の4日か5日。  品種は同じく夢みどり。


きゅうり3作目7月15日
播種後約40日 のはず。 

4月に蒔いたのと、それほど成長速度変わりません。

これでも、草まみれだったのを除草したんですが、
もうすこしちゃんと世話しないとな。

それと、そろそろ支柱を準備せねば。。。





キュウリ3作目7月23日

周りの草引きをして、支柱を立てたのが数日前。

支柱は、エンドウで使ってた枝付きの竹。  

すでにツルが枝を掴まえ、苗がピーンと立ってます。


追肥もしておきました。




キュウリ3作目 初収穫8月15日 初収穫

これまで2回ほど、ちいさな実を摘果しましたが、
初めて実をならせました。

初収穫まで約2カ月。
4月のと同じだけ掛かったのは、
初期の世話不足でしょうね。

株は今のところ順調。 
瓜葉虫に負けずに頑張ってもらいたい。



キュウリその後9月9日
毎日とは行きませんが、ぼちぼち収穫できてます。

ウリハムシ湧いてきました。 50匹以上居る感じ。

赤くなった栽培中の唐辛子を吊るしてみましたが、
雨が降ったりすると、効果はすぐになくなる様子。

虫を捕まえる粘着テープも試してみましたが、
捕まえられず。  
これも、雨が降ると効果が薄れます。

虫取りシート


秋きゅうり終わり10月1日

ウリハムシの被害が下の葉から始まり、
徐々に上の葉に広がり、
ついに元気な葉が無くなり、
収穫できなくなりました。

瓜葉虫は成虫で越冬し、春に活動再開するそうです。

なので、野放しにすると次年度に影響するとの事で
捕獲を試みましたが、 

数を減らすどころか、やられてしまいました。   捕獲方法を真剣に考えねば。  




栽培記録終わり。






  



ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 

イチジク栽培 2016

イチジクの栽培記録 2016年版です。
今年で5年目の木です。  そろそろ大量収穫をと思っているのですが、どうなる事やら。
(7月17日更新)


2015年の記録


1月10日  剪定
今年も剪定から記録が始まります。  
昨年の剪定の様子は、こちらの中頃を参考に。

イチジク 2016剪定
赤の幹は2015剪定記録の①-b、同じく青は③、緑は④です。  特に④は地面から出てきた新しい細い枝だったものが、1年で他の幹と同等の太さにまで成長しました。   今年は赤と緑の2本を、写真右手前方向に伸ばしていきたいと思ってます。

イチジク 2016剪定 まずは緑の幹。

丁度良い硬さから水平に伸びる枝があるのですが、付け根がカミキリムシにやられてしまってます。  

最悪卵を産み付けられていると幼虫が木の芯を食ってしまうので、この枝の下の部分(緑のライン)でカットします。 それより下の枝もすべて取り去りました。




青の幹
イチジク 2016剪定  イチジク 2016剪定
この幹は狙いとする樹形には不要なのですが、バランスをとるために残しておくつもりでした。  この幹にもカミキリムシの食い跡があり(写真左赤丸)、先の緑の幹と比べると一昨年の物の様子。  産み付けられた卵が孵って幹の芯を食害していったようで、切っても切っても穴はどこまでも続いており、ほぼ根元まで達していました。   この時点でこれ以上どうしていいか分からず、とりあえずヨーグルトカップを被せて雨の侵入を防ぐ処置だけしておきました。

イチジク 2016剪定
その他昨年でいうところの②の枝も根本から切断し、残した赤・緑の幹の全ての枝も取り去り剪定終了。  すっきりしすぎ?
昨年は夏果に期待してみたものの不発でしたので、今年は新しい枝は一切残さずです。


5月06日
イチジク 5月 イチジク 新芽
左写真 : 1週間くらい前から、根本に新芽が出てきてました。
右写真 : 幹の節からも新芽が出てき始めた様です。

イチジク 虫食い跡 いちじく 虫食い跡2
左写真 : 虫に食われて芯に穴が空いていた、前回記録でいう「青の幹」のその後です。 
結局、ヨーグルトの容器で蓋をしたっきり、何もしてなかったので、中で生きているようです。  全滅する前に、殺虫剤を検討します。。。 もう遅いかも。。

右写真 : 「緑の幹」の根元付近の様子です。   よく見るとここにもカミキリムシ?の噛み跡があり、そこから樹液らしきものが滴った跡がありました。  樹液?の滴りは最近発生したはず。。  春になったから?  それとも、噛み跡内部に産み付けられてた卵が孵って幼虫が木を食い始めたから???   うーむ どうして良いか分からないので、ネットで調べてみます。


5月22日
いちじく 根元 除草前 いちじく 根元 除草後
剪定した幹の先から新しい枝が生えてくるより先に、根元から旺盛に生えだしました。  草もしかり。   

根元が茂ると風通しも悪くなるので、草と共に一掃しました。    すっきり。



いちじく7月7月03日
6月後半、3週間ほど畑を留守にしてた間に、
葉が茂ってました。

ちょっと込み合いすぎかな?

選定考えておきます。





7月17日
イチジク 結実 イチジク 下枝払い・草引き
葉の間に実が見えます。    今年は夏果はないので、すべて秋です。
去年の例をとると、全部熟さないだろうから、1/3 位を摘果してみました。  さて、その効果は?

また根元が草でぼうぼうになってたので、草引きしました。  
また低い位置にあった新しい枝も取り去りすっきりとさせてみました。

結局、虫が侵入した処は、何の処置もしてないままです。    


8月19日 今年度初収穫   1つだけ。  結局8月で収穫できたのは3つだけ。
イチジク初収穫



イチジク8月31日

各枝の先端がちびちび伸び続けているので、
止めてみました。

枝毎に5つほど実を残し、
先端の実から葉っぱ2つ分くらいの先で切断。

我流です。  

昨年は、何もせずにほとんど採れなかったんで、
何したっていいんです。




つづく


ランキングに参加しています。
FC2Blog Ranking  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  
 
にゅーす
しばらく、畑を休まなければならず、最近更新ができてません。

メンテは続けるつもりです。

留守中のブログ 今日は何にしようかもよろしく。
プロフィール

 ススホホ

Author: ススホホ
会社員の家庭菜園日記です。
無農薬で頑張っています。

畑所在地 : 三重県
面積   : 約200m2
畑レイアウト
レイアウト2016夏 ver2

菜園カテゴリ
リンク
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
fc2 Counter
検索フォーム
広告エリア

-------------------------------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。